会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

【300名様にギフト券進呈】改善アンケートご協力のお願い

在宅配食・ファンデリーのユニークなビジネスモデルとは?

激戦区でも高収益

福井 純

 「つねに栄養士のアドバイスを提供する宅配弁当会社」として、ファンデリー(3137)は2015年6月に東証マザーズに上場した。

 阿部公祐社長(43)が会社を設立したのは、まだ20代だった00年のことだ。中堅損害保険会社からの脱サラで、しばらくは野菜など素材の宅配が主体だった。糖尿病を患っている顧客の「気軽に食べられる健康弁当はないものか」という言葉にヒントを得て、健康食の通販を思い立ち、04年にカタログによる通販を開始した。

激戦区で異彩を放つ

在宅配食市場はコンビニも参入する激戦区だが、ファンデリーは高収益体質を誇る。写真はセブン-イレブンの宅配の様子(撮影:梅谷秀司)

 1000億円強ともいわれる在宅配食市場そのものは拡大しているが、この市場は外食大手に加えコンビニも参入する激戦区だ。同社はその中で、約16万人が利用する「健康食のカウンセリング宅配企業」として成長。16年3月期の予想売上高は29億円(前期比約10・1%増)、売上高経常利益率も15%超と高収益体質を誇る。

 ワタミなど宅配食に参入する企業の苦戦も目立つ中、なぜ同社は成長を続けられるのか。秘密はユニークなビジネスモデルにある。

 売り上げの約9割を占める健康食弁当宅配は、60歳以上の顧客が6割超を占める。同社は通販カタログを全国約1万8000の病院や調剤薬局などに配布。高血圧や糖尿病などの病気を抱え、食事制限が必要な人々などを無料で紹介してもらう。

「ミールタイム」の弁当

 主力のカタログ「ミールタイム」には、約250種類の冷凍食メニューがある。高カロリーに見える弁当でも、ほとんどが500キロカロリー未満に抑えている。また、すべてのメニューで減塩(2グラム未満)などの設定が施されている。さらに、正社員の約8割を占める40人の管理栄養士や栄養士は、メニュー開発だけでなく、電話やネット注文を含むオペレーター業務を通じて、顧客一人ひとりの血液検査データなどの管理から一般的な栄養相談までを行う。

 定期コースの顧客が過半を占め、1回当たりの注文単価が約6800円と「定期まとめ買い」をするのも、顧客の「信頼の証し」だ。厚生労働省によると、全国の一般病院や診療所だけでも約11万カ所あり、今後もこうした病院や調剤薬局などの紹介を通じて、売り上げが拡大する余地がありそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

ファンデリ (3137)

ページトップ