会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

【300名様にギフト券進呈】改善アンケートご協力のお願い

日経平均は上下どちらにブレイクしてもおかしくありません

個別株は早めの利益確定が賢明です

横山 利香

 日経平均株価は、大発会からの大暴落に慣れてしまったせいか、「メジャーSQ(特別清算指数)」と一目均衡表上の「変化日」を無難に通過したように感じてしまいます。2月12日に底を打ち、反転してから約1カ月が経過し、3月の年度末ということもあってか買いが断続的に入っているとみられ、底堅い展開が続いています。

 先週に引き続き、今週から来週にかけても「変化日」が通過します。日経平均はこれまでフシと考えていた1万7190円プラスマイナス150円あたりの水準まで上昇し、上下のいずれにブレイクしてもまったくおかしくない状況です。チャートを見ると、2月12日安値を基点とするエリオット波動の5波動目に突入したような形状になってきました。

 あえて「トレンドブレイク」にかけた取引をするような地合いでもなく、「トレンドフォロー戦略」をとっている以上、短期的には安く買えば確実に利益を確定しておくべきです。まずは購入した株については利益確定し、5波動目が長くなって上昇トレンドが継続するのか、あるいは下落波動に転じてしまうのか確認した後に新たなポジションを取るのが賢明でしょう。

 5波動目が伸びそうな感じもしますが、ここであえて信念を曲げてしまうと負ける要因になりそうな気もするので、あえて積極的なポジションを取る必要はないと判断しています。

 最近は回転売買で対処しており、マイナス金利の発表や2月12日の底打ち以降に購入した日本商業開発 (3252)オープンハウス (3288)といった不動産株もいったん利益確定しました。株価が再び下落したら、参戦したいと思っています。

記事中の会社を詳しく見る

日商業開発 (3252) オープンH (3288)

ページトップ