会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

前場の日経平均は1万7000円割れ、トランプ氏優勢を警戒

前場終値は382円安の1万6788円

ロイター
11月9日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比382円48銭安の1万6788円90銭と大幅続落。写真はトランプ氏。ミズーリ州 で10月撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[東京 9日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比382円48銭安の1万6788円90銭と大幅続落。取引時間中で3営業日ぶりに節目の1万7000円を割り込んだ。前日の米株高や円安進行を好感し、朝方は買いが先行したが、米大統領選で共和党候補ドナルド・トランプ氏の優勢が伝わると先物売りが活発化。日経平均は一時500円を超す下げとなった。

激戦州のフロリダ州で民主党候補ヒラリー・クリントン氏がリードを広げると日経平均が一時256円高となる場面もあったがが、その後、トランプ氏が逆転。オハイオ州やノースカロライナ州でもトランプ氏優勢となり、ドル/円の急落と共に日経平均にも売り圧力が強まった。「英国のEU(欧州連合)離脱時の再来を警戒している。トランプ氏勝利が確定すれば日本株の一段安は避けられない」(松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏)との声が出ていた。

東証業種別株価指数では全33業種が値下がり。東証1部の騰落数は全体の93%にあたる1847銘柄が下落した。上昇は105銘柄、変わらずは32銘柄だった。

ReutersCopyright
copyright (C) 2016 Thomson Reuters 無断転載を禁じます

ページトップ