会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

夢のアルツハイマー治療薬で大化け期待の銘柄は

メガファーマも開発に傾注

アルツハイマー認知症治療薬開発のトップランナー、エーザイの内藤晴夫社長(撮影:梅谷秀司)

 製薬会社やバイオベンチャーの開発ターゲットはがん治療分野が圧倒的に多い。がん分野に次ぐ開発テーマとして各社が知恵を絞っているのがアルツハイマー認知症治療分野である。

 日本の認知症患者の7割はアルツハイマー型認知症であり、第2位の脳血管性の認知症は全体の2割弱にとどまる。高齢化進展の中でアルツハイマー型認知症の患者は増加しているが、若年層に広がっている点も見逃せない。若年層のアルツハイマー型認知症は、介護をする家族への負担が大きい。認知症患者の増加は経済的な損失も大きく、政府は同分野の研究の支援を進めている。

 日本初の認知症治療薬は1978年に承認された田辺製薬(現田辺三菱製薬、4508)の「ホパテ」である。同薬は認知症治療の画期的な薬剤として登場したが、副作用問題の浮上などから89年に劇薬指定となり、98年には効能も取り消された。

 その後、「ホパテ」に続く医薬品が相次いで登場。さらには脳細胞の代謝を活発化させる薬剤と、脳に栄養分などを供給することで認知症を改善しようという試みが具体化し始めた。市場獲得に最も成功したのは武田薬品工業 (4502)の「アバン」(脳代謝改善薬)と「カラン」(脳循環代謝改善薬)である。

 両剤をめぐっては併用による「キャラバン戦略」という販促活動が行われ、同社のドル箱商品に成長した。脳代謝改善剤市場は他の製品の発売もあり、トータルで8000億円のマーケットに成長したが、その後は効能を疑問視する意見もあって承認が取り消された。

  • コラムを順に読む

ページトップ