会社四季報オンライン

Top

いよいよ米利上げ発表!? 材料出尽くし後の「押し目買い」は有効か

「万が一」にも注意

2016年12月12日

清水 洋介

日経平均株価は12日、終値で昨年大納会以来の1万9000円台を回復

 波乱の米大統領選挙から先週末でちょうど1カ月が経った。その間21日の営業日のうち、TOPIXではなんと18日が前日比でプラスとなり、前日比でマイナスとなったのはたったの3日という状況だ。それだけインパクトがあったということなのだろうが、目先的な過熱感などを考えると行き過ぎの面もあるのではないか。

 ただ、米大統領選挙の翌日の上昇を見て「戻し過ぎ」と指摘してから1カ月間、「もういいだろう」と言い続けてきたのだが、円安も止まらず、調整らしい調整もなく上げ続けている。過熱感も買い一巡感も出ないという状況だ。

 その要因としては、「トランプショック」があると盛んにあおられていたことで信用取引の売りが積み上がっていたことや、米国でも大統領選挙という重しが外れたことで利上げを織り込む動きになっていたことなどが挙げられるだろう。その間に米国で発表された経済指標も好調なものが多く、利上げを確実視させるものとなっている。

 利上げが確実視され、新興国の通貨が対米ドルでも下落する中で、世界的な景気鈍化懸念、欧州などの金融不安も見られないということで、昨年からの米国の利上げを嫌気して売られるという展開とは反対の動きとなっている。

利上げはどこまで織り込んだか?

 では、米国の利上げ、そして円安を日本の株式市場はどこまで織り込んでいるのだろうか。今回の利上げをほぼ織り込んでいるだけでなく、世界の情勢を見て「利上げができる」状況ということで、新興国などの経済情勢が悪化しないということまでも織り込んでいるはずだ。

 また、先行きの利上げペースも、比較的早いペースとなるものというところまで見ているのではないか。さらに、この異様に強い相場の中では、原油の減産合意などインフレ要因となるもの、そして米国内での好調な景気なども織り込まれているとも考えられる。

 そのため、実際に利上げが行われて、ここからのペースが示されたところでは、出尽くし感から売られるということも考えておいても良いだろう。米国の10年国債の利回りを見ると、大統領選挙前に1.8%程度であったものが、2.5%程度まで上昇している。その前の上昇を加味すると、1回の利上げで0.25%の利上げが行われるとして、単純に考えると3回の利上げを織り込んでいるような水準ということになる。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 大型株は膠着感ぬぐいきれず

物色は「新値銘柄にだまってつけ」

2 1位日本コークス、2位三井造船…

株価200円以下!連続最高益更新中の低位株48銘柄

3 スケジュール=2/27の週の話題

フィンテック関連を再考 日銀内でフォーラム開催近づく

4 注目のIPO会社トップに聞く

MS-Japan有本社長「当社が作った市場だから参入障壁は高い」

5 出世魚を探せ、第2弾

3月「東証1部昇格」期待の福の神特選3銘柄はコレ

6 株価下落の今がチャンス

今から狙う!10万円以下で買える高配当株ベスト100

7 「週足陽線に上ヒゲ」の意味

日経平均がチャイナショック時にますます似てきたぞ

8 2月は8社、3月は37社

10万円で買える!長期保有もOKな優待銘柄はこれ

9

東芝が大幅反発、鴻海も新会社に出資検討と報道

10 独自ビジネスモデルも魅力

隠れた有望銘柄は? 最高益更新の「ご当地銘柄」ROEランキング

ゲスト
お申し込み