会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

好決算銘柄の短期回転売買に徹します

gumiを指し値で購入

横山 利香

 日経平均株価は12月14日に1万9284円まで上昇しました。株価チャートを見るかぎり、「2017年に1万9000円台まで上昇することはありえる」となんとなく想像していましたが、16年のうちに達成するとは正直なところ、想定していませんでした。

 米国NYダウも引き続き高値を更新しており、2万ドルを見据えています。ダウ、ナスダックともに先高観のあるチャートとは思っていましたがこんなに早く、これほどまで上昇するとは驚きです。「トランプラリーが炸裂」ということなのでしょう。

 過去に何度もありましたが、株価指数がガンガン上昇する局面は大型株が市場を牽引するため、新興株市場や中小型株は蚊帳の外という状態になってしまいます。それは仕方のないことですが、例年であれば年末に盛り上がった新興株市場ラリーが到来しないと、個人投資家のマインドは冷え込んだままです。

 特に16年夏以降は日銀によるETF購入を背景に、大型株中心に資金が回転している流れがあるので、「例年並みのパフォーマンスを上げるのは難しい」と考える個人も多いのではないでしょうか。

 精神的に滅入っているようなときにトランプラリーで爆上げしてしまうと、カラ売りしたくなる人もいるしょう。買われすぎだからと押し目を待ちたい人もいるかもしれません。しかし、指数がジリジリと上昇する相場では、なかなか絶好のタイミングが到来せず結局、置いてきぼりを食らってしまいがちです。

記事中の会社を詳しく見る

gumi (3903)
キャッシュバック

ページトップ