会社四季報オンライン

Top

10万円で買える!長期保有もOKな優待銘柄はこれ

2月は8社、3月は37社

2016年12月29日

会社四季報オンライン編集部

株主優待は航空会社や鉄道会社の優待券、飲食店の食事券などが個人投資家に人気が高い。その他にも自社商品の詰め合わせやオリジナルグッズ、クオカードなどの金券など種類は多岐にわたる(撮影:尾形文繁)

 投資先から送られてくる株主優待は個人投資家のひそかな楽しみだ。不思議なことに、スイングトレードが基本の投資家でも、何銘柄かは「株主優待目的」で手元に残すケースもあるようだ。

 年が明ければNISA(少額投資非課税制度)で投資できる金額の上限が120万円に戻る。NISAを活用した投資の場合、保有期間が長くなるケースが多くなるが、銘柄選別を怠ると節税効果以上の損失を出してしまう可能性もある。

 そこで今回は、長期保有にピッタリな10万円以下で買える株主優待銘柄を探してみた。

株主優待目的で注意すべきコト

 まずは株主優待目的で銘柄を選ぶ時、あるいは買った後に注意すべき点からおさらいしておこう。

株主優待は会社の業績が悪化すると内容を縮小したり、制度自体を中止する場合もある

 楽しみにしていた株主優待がなくなったり、もらえるものが減ってしまってはせっかくの楽しみが台なしだ。優待目的といえども投資である以上、業績のチェックは欠かせない。

優待内容を見て、活用できるかどうかをじっくり判断しよう

 関西に住んでいる人が、関東地盤のスーパーの割引優待券をもらっても使う機会は限られる。活用できない優待品の場合、ネットオークションや金券ショップなどで現金化しやすいかなどを確認しておくこと。もらった後に後悔しても遅い。

もらえる優待内容以上に値上がりした時は、売ることも選択肢に

 人気の高い株主優待銘柄は、権利確定日の1~2カ月前から株価がジリ高することがある。値上がり益が優待内容よりも大きくなれば株主優待に固執せず、タイミングを見て利益確定するのも一法だ。

長期保有にメリットありの優待を見逃すな

 長期保有していると優待内容が充実する会社がある。チェックする際には見落とさないように注意したい。

東洋経済から絶好調企業を先取り

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 どの程度のディスカウント率なら買える?

日本郵政株の巨額売出が相場に与える影響は?

2 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(111)

大バケ株が続々、だからやめられない低位株投資

3 ウォンテッドリーの初値は5倍だが…

IPO株は「初値が付いた後」に勝負の時がくる!

4 今年の日本人受賞期待は医学生理学賞?

10月はノーベル賞発表、関連銘柄を半歩先読み!

5 足元は大型株が強い動き

上値が重いそーせいを売却、大型株を購入

6 これがその64銘柄リストだ

いま最もホットな「EV関連株」を最新四季報でチェックした

7 将来のエコカーはEVが主流か

脚光の「EV関連株」を四季報で総ざらいしてみた

8 10年ぶり以上は56銘柄

業績絶好調!最高益更新トップ100

9 9月配当や予想PERを考慮すると…

「解散・総選挙は買い」のアノマリーは当たるか?

10 株価上昇で膨らむ含み益

絶好調の任天堂株、その大株主に注目した!

ゲスト
お申し込み