会社四季報オンライン

Top

高値づかみするのは誰? 「急騰相場」で損する人の特徴

過熱感を見極めよう

2016年12月19日

清水 洋介

 「トランプラリー」と言われ上昇した株式相場もそろそろ上値が重くなってきた。「目先的な過熱感」が理由とされているが、どこまで過熱感があるのかは終わってみなければわからない。株式投資で利益を出すことは、あとからチャートを見ると簡単なように思えるが、実際にその場にいるとわからないことが多い。

 今回の上昇相場でも「もういいところだろう」と思う局面が何度もあったが、上昇が続いた。そして、上昇が止まったと思っても、下落することなく買い直されることが繰り返されてきた。ただ、いつまでも上がる相場はなく、いつかは上昇が止まり調整となる。調整のタイミングをしっかりと予想することが重要だ。

 「騰落レシオが120%を超えて過熱感がある」というように、すぐにでも下がるのではないかといった声も聞かれる。しかし、こうした指標は本当の見方を知っていないと、まだ上昇が続いている中で売ってしまうということになりかねない。

 「トランプラリー」は、「トランプ大統領になると大変なことになる」との事前報道から、信用取引の売りが増えていたことが株価上昇の要因となった面もある。「騰落レシオ」についても同様で、過熱感があるということで売りが積み上がった反動で、ここまで急騰しているのだろう。

 騰落レシオは120%を超えたら割高水準と言われており、あたかも「売りシグナル」のように勘違いされている。しかし、本当のところは120%を超えたところが売り場ということではなく、「高値」となったところを見ると「120%を超えていることが多い」といっているだけにすぎない。「○○だから売らなければならない」というような報道に惑わされないようにするといい。

「押し目待ちに押し目なし」

 同様に「押し目待ちに押し目なし」という相場格言も、勘違いして使われているのではないか。今回の上昇相場のような急騰となると、「押し目」など作らずに一気に上昇してしまう。そのため、とりあえず買えるものを買っておこうという雰囲気になる。しかし、こうした急騰相場の時ほど往々にして最後に高値づかみをしてしまい、塩漬け株を作ってしまうケースが多い。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 ノーベル賞候補者も参画

希少がんの新薬開発、「目利きが命」のシンバイオ製薬(上)

2 ものづくり定番銘柄を押し目買い

手掛かり材料は「第4次産業革命」

3 あれから20年、77冊読破した男の「深イイ話」(97)

四季報で発見!この「何十年ぶり」変化企業が面白い

4 2月は8社、3月は37社

10万円で買える!長期保有もOKな優待銘柄はこれ

5 あの「オプジーボ」はどうなる?

17年のお宝バイオ関連株候補はコレだぞ!

6

東芝テックなどグループ企業が軒並み高、再編思惑が台頭

7 公共投資で恩恵受ける米国株を購入

新登場の「トランプファンド」の賢い運用法は?

8 福の神特選銘柄はこの3つ

今年は「ビジネスVR/AR元年」間違いなしっ!

9 ゴールデンクロスは本当に有効?

「ロボット運用のプロ」が検証! 実は間違っていた”投資の常識”

10 テクニカルに基づく逆張り好機

相場全般はようやく調整に転じてくれました

ゲスト
お申し込み