会社四季報オンライン

Top

新登場「JPX中小型株200」から福の神特選の3銘柄はコレ

12万円で買える!

2016年12月19日

藤本 誠之

ペッパーフードサービスは人気の量り売り立ち食いステー店「いきなりステーキ」の出店攻勢で業績拡大中

 まいど、相場の福の神こと藤本です。株式相場で勝つには「半歩先読み」が重要です。

 先週12月14日に東京証券取引所と日本経済新聞社が共同で、新指数「JPX日経中小型株指数」の算出・公表開始について発表しました。この新指数の狙いは、日本取引所グループのWebに下記のように記載されています。

 「これまで、中小型株の動向を示す日本株指数は、時価総額や売買代金などの流動性指標によるものであり、資本の効率性や財務状況などの観点で銘柄選定を行う指標は一般的ではありませんでした。当指数は、JPX日経インデックス400で導入した『投資者にとって投資魅力の高い会社』を構成銘柄とするとのコンセプトを中小型株に適用することで、資本の効率的活用や投資者を意識した経営を行っている企業を選定するとともに、こうした意識をより広範な企業に普及・促進を図ることを目指すものです。併せて、こうした企業への投資者の投資ニーズにこたえることを企図しています。また、銘柄選定に際しては、銘柄ごとの市場流動性も考慮することで、新指数に連動した資産運用を可能とするための実務的要請に応えることも目指します。」

 この狙いを読むと、新指数の構成銘柄は中小型株の中で、「投資者にとって投資魅力の高い会社」として選定されたことになります。お墨付きを得たことで構成銘柄は今まで以上に投資家の注目度を集めることになりそうです。また、新指数に連動した投資信託(上場投信を含む)の設定も予想され、インデックス組み入れに伴う買い需要も期待できます。

 対象銘柄は東証の東証1部、東証2部、マザーズ、JASDAQを主市場とする普通株式から選定されています。その市場区分分布は、東証1部が179銘柄、東証2部が3銘柄、マザーズ3銘柄、JASDAQ15銘柄となっています。今回は、東証1部以外の、東証2部、マザーズ、JASDAQ上場銘柄の中から、相場の福の神が1銘柄ずつ厳選した、合計3銘柄をご紹介いたしましょう。

MCJ(6670、東証2部)

 本社は埼玉県春日部市。パソコン製造のマウスコンピューターを起点として、パソコン販売店、パソコンモニター、パソコン関連パーツ、複合カフェなど、さまざまな関連事業を行っている持株会社です。多くのビジネスをM&Aにより獲得して、事業領域を拡大しています。

 主力のマウスコンピューターは「期待を超えるコンピューター」として、安心の国内生産、24時間365日の電話サポート、96時間で修理完了、の三つのポイントで人気です。ゲーム愛好家やデザイナーなどのクリエーター向けのハイエンド機種に強みを持っています。「乃木坂46」のテレビCMも大人気となっています。

 バーチャルリアリティ専用ゲームコンテンツ開発企業や、音声入力操作が可能なヒアラブルデバイス開発企業に出資するなど、先端分野への投資にも注力しています。「Eスポーツ」や「VR」などで使われるハイエンドコンピューターでは、国内トップのシェアを持っており、今後大きな成長が期待できそうです。

■株式データ
株価1,108円
単元株数 100株
予想PER(連)11.48
実績PBR(連) 2.1倍
予想配当利回り 2.28%
時価総額 561億円

コラムを順に読む

キャッシュバック

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 2~3年のリターン最大化狙う銘柄選択

「IPOの中長期投資」で好成績なのは、意外な"あの銘柄群"

2 1位インフォD、2位東京エレク…

速報!今期最高益更新の「好調」78銘柄

3 あれから20年、77冊読破した男の「深イイ話」(106)

市場激変、「SNS広告」爆伸び必至で儲かる会社は?

4 割高感がなければ自社株買い発表も?

6月は安値圏の自動車、銀行株を狙うのも手

5

任天堂が8年ぶり高値、外資系証券は目標3万8000円と

6

任天堂が連日の年初来高値更新、新スマホ向けゲームも好発進

7 電線やネットワーク機器の専門メーカー

「3度目の正直」で大きな三角保ち合いを上放れ

8 今度は少し長めに保有するかも

一度手放した電子書籍関連に再投資

9 4月に一時急騰

セルフレジ関連銘柄に押し目買い好機到来

10 「皆が強気」なら売り!?

00年と13年、"5月の暴落"に共通する傾向と今後の心構え

ゲスト
お申し込み