会社四季報オンライン

Top

コレが「節税売りの多く出そうな銘柄」一覧だ!?

27日までに塩漬け株処分

2016年12月20日

岡村 友哉

個人投資家からの節税対策売りがかさんでいる(撮影:梅谷秀司、写真はイメージ)

 2016年も残すところ8営業日だ(20日時点)。週初の19日こそ、日経平均株価がわずかながら下落。先週末まで続いた連騰は惜しくも9でストップしたが、それでもこの水準なら御の字だろう。16年の年初来安値がいくらかといえば、6月24日の1万4952円である。年央にそんな値段を付けていた日経平均が、後半鬼の巻き返しで年間パフォーマンスをプラスにしようとは……。

 今年リーグ優勝した広島カープのビールかけは「まさかじゃない!」という掛け声で始まった。同じく神っていた日経平均(年間ではたいして上げてないのだが)だけに、年末2万円乗せでゴール!も「まさかじゃない!」かもしれない。

 と、適当なことから書き始めたが、年内の残り日数も少なくなっており、この時期の注意点を挙げたい。毎年のことではあるが、この時期は「節税売り」が年内で最も出やすいタイミングといえる。個人投資家にかぎった話になるが、個人の決算期末は12月末である。人それぞれ、何を購入していたか、いつ購入していたかが異なるため一概には言えない。

 ただ、特定口座を使っていて、この1年のパフォーマンスがプラスという投資家であれば、手元に残している塩漬け株(評価損の株)を売ってしまう動機が生まれるのがこの時期だ。年内の実現益と相殺できるため、「節税売り」と呼ばれる。

 「残すところ8営業日」というのは大納会30日までの日数。税制上の年内は「受渡日」ベースになるため、節税売りを行う期限はもう少し前。年内受け渡しでの最終約定日は27日になる。同日までに塩漬け株を売っておこうと動くのは、ふだん活発に売買を繰り返しているデイトレーダータイプの投資家ではないだろう。

コラムを順に読む

キャッシュバック

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(108)

「四季報」夏号を読破!注目の銘柄・業界はズバリこれ

2 関連銘柄選びで知っておくべき事実

復調インバウンド、牽引はもはや中国人ではない!?

3 採用期待銘柄は反動も

東芝の替わりは? 採用銘柄入れ替えで日経平均に波乱!? 

4 結果検証、トップHamee50%…

「四季報先取り超サプライズ」上昇率ランキング

5 過去17年の株価を徹底分析

「上昇傾向業種」を逆張り投資で狙い撃つ!

6 2016年

ぜんぶ見せます!株主総会のお土産特集=2、3月決算会社編

7 リード役の海外勢の相場観は?

増益率が拡大せずとも日経平均に2割の上昇余地

8 児玉康孝社長にインタビュー

WASHハウス「コインランドリー2万店」の野望

9 人気ストラテジストに聞く

今年後半の相場見通しと勝つ投資法

10 最高益をビッグに更新

サイバー攻撃対策製品が絶好調!医療クラウドでも注目

ゲスト
お申し込み