会社四季報オンライン

Top

コレが「節税売りの多く出そうな銘柄」一覧だ!?

27日までに塩漬け株処分

2016年12月20日

岡村 友哉

個人投資家からの節税対策売りがかさんでいる(撮影:梅谷秀司、写真はイメージ)

 2016年も残すところ8営業日だ(20日時点)。週初の19日こそ、日経平均株価がわずかながら下落。先週末まで続いた連騰は惜しくも9でストップしたが、それでもこの水準なら御の字だろう。16年の年初来安値がいくらかといえば、6月24日の1万4952円である。年央にそんな値段を付けていた日経平均が、後半鬼の巻き返しで年間パフォーマンスをプラスにしようとは……。

 今年リーグ優勝した広島カープのビールかけは「まさかじゃない!」という掛け声で始まった。同じく神っていた日経平均(年間ではたいして上げてないのだが)だけに、年末2万円乗せでゴール!も「まさかじゃない!」かもしれない。

 と、適当なことから書き始めたが、年内の残り日数も少なくなっており、この時期の注意点を挙げたい。毎年のことではあるが、この時期は「節税売り」が年内で最も出やすいタイミングといえる。個人投資家にかぎった話になるが、個人の決算期末は12月末である。人それぞれ、何を購入していたか、いつ購入していたかが異なるため一概には言えない。

 ただ、特定口座を使っていて、この1年のパフォーマンスがプラスという投資家であれば、手元に残している塩漬け株(評価損の株)を売ってしまう動機が生まれるのがこの時期だ。年内の実現益と相殺できるため、「節税売り」と呼ばれる。

 「残すところ8営業日」というのは大納会30日までの日数。税制上の年内は「受渡日」ベースになるため、節税売りを行う期限はもう少し前。年内受け渡しでの最終約定日は27日になる。同日までに塩漬け株を売っておこうと動くのは、ふだん活発に売買を繰り返しているデイトレーダータイプの投資家ではないだろう。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(111)

大バケ株が続々、だからやめられない低位株投資

2 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(112)

「シリコンサイクル」はもう高値ピークを付けたかも

3 市場規模はVRの10倍に

AR関連の伏兵会社のスゴすぎる?技術

4 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(108)

「四季報」夏号を読破!注目の銘柄・業界はズバリこれ

5 動くべくして動いたということ

株価急落の原因は、本当に地政学リスクか?

6 崩れたマザーズ銘柄とは対照的

知名度の低い小型株が好パフォーマンスの理由

7 来期業績はさらに拡大

任天堂関連として急浮上、大型買収の行方にも注目

8 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(109)

RIZAPより凄いぞ!四季報で見つけたM&A駆使する新興企業たち

9 兜町怪情報、今回は4銘柄

4カ月で価格6倍!好市況に沸く商品とは?

10 底打ちか小反発か見極める必要

日経平均が踏ん張っても個別では厳しい下げも

ゲスト
お申し込み