会社四季報オンライン

Top

年初の急落相場は繰り返されるのか?

「掉尾の一振」にも注目

2016年12月26日

清水 洋介

 毎年この時期になると「掉尾(ちょうび)の一振はあるか?」ということが言われる。しかし、今年はここまでが堅調な相場であることから、あえて「掉尾の一振」というよりは、一昨年のように最後は手仕舞い売りに押されるのではないかと思う。そして、年初は手仕舞い売りが優勢となって冴えない始まりとなるのではないだろうか?

 今年1年を振り返ってみても、年初から期待外れとなることが多く、いかに相場の予想をすることが無駄かということを思い知らされた。また、株式相場が誰もが知っている材料だけではなく、雰囲気や目先の需給で動かされることが多いかがわかった年だったと思う。

 昨年あたりから変化が大きくなっているということなのだろう。16年は年初から急落し、追加緩和=マイナス金利を導入しても下げ止まらなかった。春先からは大きな保ち合い相場となり、相場全体は盛り上がらず、日銀の動向や海外の動向に一喜一憂するという感じだった。

 日銀の追加緩和があるのではないかと言って買われ、なかったといって売られた。特に何が決まったわけでもないのに右往左往することが多く、英国のEU離脱も、米国の大統領選挙も、大きな波乱となった。

 しかし、結果論から言えば、今年はなんだかんだと言っても堅調な年であり、しっかりと安いところで買ってさえいれば、今頃のんびりと利益を確保していればよかったということになる。

大きな流れを把握することが大切

 今年の大きな流れは、「米国での利上げ」と「日本での追加緩和」、そして「欧州の混乱があるかどうか」、「新興国の景気は悪化するか」ということにつきる。

 つまり米国は今後も利上げのペースをはかる方向にある。日本では物価次第では追加緩和もあるかもしれないという状況で、欧州では金融不安は一段落となった。しかし、テロの問題などからナショナリズムが強まるとフランスの大統領選挙などに影響が出て、経済的、政治的な混乱があるかもしれない。中国など新興国では紛争などのリスクを含んではいるものの、米国などがけん引する形での資源高など景気拡大要因も含んでいる。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 ノーベル賞候補者も参画

希少がんの新薬開発、「目利きが命」のシンバイオ製薬(上)

2 ものづくり定番銘柄を押し目買い

手掛かり材料は「第4次産業革命」

3 あれから20年、77冊読破した男の「深イイ話」(97)

四季報で発見!この「何十年ぶり」変化企業が面白い

4 2月は8社、3月は37社

10万円で買える!長期保有もOKな優待銘柄はこれ

5 あの「オプジーボ」はどうなる?

17年のお宝バイオ関連株候補はコレだぞ!

6

東芝テックなどグループ企業が軒並み高、再編思惑が台頭

7 公共投資で恩恵受ける米国株を購入

新登場の「トランプファンド」の賢い運用法は?

8 福の神特選銘柄はこの3つ

今年は「ビジネスVR/AR元年」間違いなしっ!

9 ゴールデンクロスは本当に有効?

「ロボット運用のプロ」が検証! 実は間違っていた”投資の常識”

10 テクニカルに基づく逆張り好機

相場全般はようやく調整に転じてくれました

ゲスト
お申し込み