会社四季報オンライン

Top

アエリアが後場上げ幅拡大、子会社がAI利用の実証実験に参画

2017年01月11日

 ジャスダックのアエリア(3758)が後場に入り上げ幅を拡大した。午後1時12分現在、前日比38円(2.75%)高の1420円と続伸している。前引けは15円高の1397円だったが、後場に入り、一時98円高の1480円まで買われる場面があった。今日午後0時10分に、子会社がAI(人工知能)による新しいカスタマーサポートへの実証実験に参画すると発表し、買い材料視された。

 実証実験に参加するのは、子会社のリベル・エンタテインメント(東京都千代田区)で、SHIFT PLUS(高知市)のAIを搭載したチャットシステムによるカスタマーサポートサービス「AICO(アイコ)」を利用する。ユーザーからのメールによる問い合わせに対して、深夜・休日も含めた自動対応が可能になるとしている。2月までの2カ月間、実証実験に恋愛リズムアドベンチャーゲーム「アイ★チュウ」が参画し、よりユーザー満足度の高いサービスの実現を目指すとしている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

3758 アエリア 株価チャート

08/18
15:00
時点

2,605

前日比
-49(-1.85%)

年初来高値 3,730.0(17/07/04)
年初来安値 672.0(17/01/18)
予想PER 36.69倍
PBR 10.02倍
予想配当利回り 0.19%
市 場  JQスタンダード
売買単位 100 株

各種情報について

閉じる×

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

コラムを順に読む

この記事をシェア

関連記事

記事アクセスランキング
1 20人の"強者"の事例

「億超え投資家」も失敗を乗り越えて今がある

2 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(111)

大バケ株が続々、だからやめられない低位株投資

3 あと1カ月は米国注視

世界の視線は北朝鮮にあらず!商社・重電・非鉄に勝算あり

4 スケジュール=8/21の週の話題

東京五輪スポンサー銘柄は下値狙いの勝算あり

5 崩れたマザーズ銘柄とは対照的

知名度の低い小型株が好パフォーマンスの理由

6 市場規模はVRの10倍に

AR関連の伏兵会社のスゴすぎる?技術

7 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(109)

RIZAPより凄いぞ!四季報で見つけたM&A駆使する新興企業たち

8 モメンタム「急低下」に備えを

日経平均、今週は26週線との攻防に

9 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(108)

「四季報」夏号を読破!注目の銘柄・業界はズバリこれ

10 "投資の神様"が参考にする指標の見方

過去最高の「バフェット指数」は割高サインか?

ゲスト
お申し込み