会社四季報オンライン

Top

三協立山が後場上伸、6~11月期営業益は前期比78%増

2017年01月11日

三協立山(5932)が後場に入り上げ幅を拡大した。反発し、昨年10月5日に付けた昨年来高値1715円を更新した。午後1時31分現在、前日比65円(3.90%)高の1730円で推移している。前引けは28円高の1693円だった。本日午後1時に発表した2017年5月期上期(16年6~11月)の連結決算が好感されている。

 売上高は1583億6700万円(前年同期比5.7%減)にとどまったが、営業利益が40億3900万円(同78.5%増)、純利益が20億3100万円(同21倍)で着地した。コスト削減やアルミ地金価格の低下、ヒートシンク事業の収益改善が寄与したほか、商業施設事業での提案営業が奏功した。通期の営業利益85億円(前期比36.0%増)、純利益40億円(同43倍)見通しは据え置いた。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

5932 三協立山 株価チャート

03/24
15:00
時点

1,693

前日比
-7(-0.41%)

年初来高値 1,800.0(17/01/12)
年初来安値 1,200.0(16/02/12)
予想PER 14.06倍
PBR 0.68倍
予想配当利回り 2.07%
市 場  東証一部
売買単位 100 株

各種情報について

閉じる×

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

コラムを順に読む

東洋経済で見つける先取り有望銘柄

この記事をシェア

関連記事

記事アクセスランキング
1 下値には買い指し値で待機

中小型株は安くなったら買いのチャンス到来です

2 狙い目はコレ?

「NISAのウマ味を最大限引き出す」2つの銘柄条件を検証!

3 1週間で約5%の値下がり

マザーズが急落、変調を引き起こした犯人は誰だ?

4 銘柄選択の手掛かりワンサカ

春の学会シーズン到来、バイオ株買うなら今でしょう!?

5

東芝は出来高伴い大幅続伸、「エフィッシモ」の大量取得が判明

6 1位日本コークス、2位三井造船…

株価200円以下!連続最高益更新中の低位株48銘柄

7 非課税のメリットは魅力だが…

国がiDeCoやNISAに力を入れるホントの狙い

8 春休みは売買手控え

新興株の調整濃厚で保有株をどんどん売っちゃいました

9 17年は28日まで

個人投資家が注目!3月株主優待利回りランキング

10 企業景況感示す指標公表相次ぐ

アニマルスピリット復活なら日本株に追い風

ゲスト
お申し込み