会社四季報オンライン

Top

三協立山が後場上伸、6~11月期営業益は前期比78%増

2017年01月11日

三協立山(5932)が後場に入り上げ幅を拡大した。反発し、昨年10月5日に付けた昨年来高値1715円を更新した。午後1時31分現在、前日比65円(3.90%)高の1730円で推移している。前引けは28円高の1693円だった。本日午後1時に発表した2017年5月期上期(16年6~11月)の連結決算が好感されている。

 売上高は1583億6700万円(前年同期比5.7%減)にとどまったが、営業利益が40億3900万円(同78.5%増)、純利益が20億3100万円(同21倍)で着地した。コスト削減やアルミ地金価格の低下、ヒートシンク事業の収益改善が寄与したほか、商業施設事業での提案営業が奏功した。通期の営業利益85億円(前期比36.0%増)、純利益40億円(同43倍)見通しは据え置いた。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

5932 三協立山 株価チャート

04/28
15:00
時点

1,630

前日比
+3(+0.18%)

年初来高値 1,800.0(17/01/12)
年初来安値 1,531.0(17/04/13)
予想PER 13.54倍
PBR 0.66倍
予想配当利回り 2.15%
市 場  東証一部
売買単位 100 株

各種情報について

閉じる×

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

コラムを順に読む

この記事をシェア

関連記事

記事アクセスランキング
1 "制約"を逆手に取る

プロ直伝! 「機関投資家に勝つ」バイオ投資の"ワザ"

2 あれから20年、78冊読破した男の「深イイ話」(104)

まだはもう……「人手不足バブル」の崩壊は近い?

3 昨年の5月とは事情が異なる

懸念要因の後退で「新興市場」に熱視線

4 実感と実態に大きなギャップ

実は景気は「バブル期並み」に好調だ

5 2匹目のドジョウはここにいる?

もうすぐ決算発表!続・四季報予想が強気の「注目」61銘柄

6 まだ日本株は底打ちしていない!?

過去データで分析! 「暴落相場の底」を見極める方法

7 上方修正なるか

来週に決算発表!四季報予想が強気の注目29銘柄

8 戻り上値メドに到達

有事に金への投資で気をつけること

9 MS-Japanを購入したら上放れ

今は個人投資家にとって「買えば儲かりそう」な相場です

10 古い話と思っていたら大間違い

あのビットコインがこの1年で3倍に膨張していた!

ゲスト
お申し込み