会社四季報オンライン

Top

3月「東証1部昇格」期待の福の神特選3銘柄はコレ

出世魚を探せ、第2弾

2017年02月13日

藤本 誠之

新規上場して1年が経過すると1部に昇格するケースが多い。エボラブルアジアも有力候補だ

 まいど、相場の福の神こと藤本です。株式相場で勝つには「半歩先読み」が重要です。

 今回は昨年10月に配信した「出世魚を探せ!」企画の第2弾。前回もご紹介しましたが、成長に伴って呼び名が変化する魚のうち、特にスズキ、ブリ、ボラを「出世魚」と呼びます。中でも有名なのはブリで、関東ではワカシ → イナダ → ワラサ → ブリ、関西方面ではツバス →ハマチ → メジロ → ブリと呼び名が変化していきます。ちなみにサケやウナギは呼び名は変わりますが出世魚とは呼ばないそうです。

 株式市場でも上場市場を変更して出世していく銘柄があります。主な市場変更のルートは次の四つです。

①東証2部→東証1部
②東証マザーズ→東証1部
③東証ジャスダック→東証1部
④東証ジャスダック→東証2部→東証1部

 決算期変更を行わない場合、前の市場に上場してから1年以上経過後に昇格するケースが多いのです。今回は昨年3月に新規上場した銘柄の中から、相場の福の神特選・3月に東証1部昇格が期待できる銘柄として3銘柄をご紹介しましょう。

イワキポンプ(6237、東証2部)

2016年3月18日、東証2部新規上場

 東京都千代田区神田須田町に本社があるケミカルポンプに特化した総合メーカーで国内トップクラスの企業です。ケミカルポンプは、化学薬品などの薬液移送に使用されるポンプで、幅広い産業分野で活用されています。

 工場、プラント、処理場や装置に組み込んで使用する際に、腐食性の強い薬品・気体に対して耐性を持ち、長寿命化と安全性を加味しています。身近なところではプールや温浴施設、劇場の大型プロジェクターなどのほか人工透析装置でも使われています。

 ポンプのデパート戦略をとっており、国内トップシェアのマグネットポンプ、定量ポンプ、空気駆動ポンプ、回転容積ポンプ、エアーポンプなどさまざまなポンプを作っており、ポンプ以外ではセンサーを組み込んだ検査装置等のシステム製品も製造しています。

 さまざまな産業向けに販売されますが、水処理、半導体・液晶、医療機器向けで売り上げの50%超を占めています。海外売上高比率は37%(2016年3月期)と高く、欧米やアジアに幅広く販売しています。

 研究開発・製造から販売・メンテナンスまで全工程をグループ内でカバーし、多品種少量生産を強みとしながらも年間80万台の生産能力を持っています。

■株式データ
株価 2,544円
単元株数 100株
予想PER(連)12.05倍
実績PBR(連) 1.23倍
予想配当利回り 2.44%
時価総額 190億円

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 "制約"を逆手に取る

プロ直伝! 「機関投資家に勝つ」バイオ投資の"ワザ"

2 2匹目のドジョウはここにいる?

もうすぐ決算発表!続・四季報予想が強気の「注目」61銘柄

3 「休むも相場」の充電期間

3月期銘柄は決算後「調整一巡」を待って仕込む

4 あれから20年、78冊読破した男の「深イイ話」(104)

まだはもう……「人手不足バブル」の崩壊は近い?

5 本当にチェックすべきデータとは?

投信の騰落率ランキングは参考にならない

6 リスクオフで円が買われる理由

朝鮮半島有事は「円売り」か、「円買い」か

7 MS-Japanを購入したら上放れ

今は個人投資家にとって「買えば儲かりそう」な相場です

8 上方修正なるか

来週に決算発表!四季報予想が強気の注目29銘柄

9 実感と実態に大きなギャップ

実は景気は「バブル期並み」に好調だ

10 昨年の5月とは事情が異なる

懸念要因の後退で「新興市場」に熱視線

ゲスト
お申し込み