会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

「大幅増額」かつ「会社より強気予想」、最強銘柄のあぶり出し方

究極のスクリーニング活用術

会社四季報オンライン編集部

会社四季報オンラインのスクリーニングが最も威力を発揮する時期がやってきたーー。

 現在、四季報記者は、3月中旬発売に向けて次の四季報(2017年春号)の取材に駆け回っている。記者が立てた予想は、出来上がり次第、会社四季報オンラインの業績予想数値に反映されている(更新は毎週水曜日深夜)。四季報の編集過程で予想数字は見直される場合もあるが、多くの場合は、3月半ばに店頭にならぶ『会社四季報』の業績予想とほぼ同じものとなっている。

 発売日に向けて、徐々に次の四季報に掲載される業績予想数値と同じものに切り替わっていく。つまりこれから発売までの約3週間は、いわばスクリーニングを使った銘柄検索の“ゴールデンタイム”なのだ。

 このタイミングで威力を発揮する編集部イチ押しのスクリーニングは“大幅増額”だ。この方法を使えば“会社より強気予想”銘柄が簡単にあぶり出せてしまうのだ。

 『会社四季報』が発売されると銘柄ページ欄外の「矢印マーク」(業績予想の修正記号)と「ニコちゃんマーク」(独自予想マーク)をまずチェックする投資家も多い。注目の組み合わせはダブル矢印(前号比大幅増額)かつダブルニコちゃん(会社予想よりも大幅強気)の両方がある銘柄。二つのマークがそろうということは四季報記者が会社計画は保守的で、3カ月前に比べて業績が予想以上に好調であると判断したことを示しており、上方修正に期待がかかる有望株の印といっていい。

 雑誌の四季報でこれを探すとなると、1ページずつ根気よくめくっていくしかないが、四季報オンラインのスクリーニングを活用すれば一瞬でピックアップ可能だ。しかも、このタイミングで発見できるため、投資家にとっては大きなアドバンテージとなる。

 すでにスクリーニング条件に保存して毎号スクリーニングを実行している会員も多いと思うが、有料会員になったばかりでまだスクリーニングをフル活用していないヒトはこの機会にぜひ挑戦してみてほしい。

 気になる手順は「“大幅増額”で“会社より強気”銘柄をあぶり出せ」で詳しく紹介しているので、そちらを参照に。

スクリーニング機能の使い方

 当サイトのスクリーニングページ(https://shikiho.jp/services/Query?SRC=shikiho/scrn/base)の基本的な操作方法は「これで完璧!四季報スクリーニングのトリセツ」に詳しく紹介されている。

 これから紹介するスクリーニング条件の作成手順などは、この記事にあわせて“「検索条件の追加」→「株価」の「最低購入額(円)」をクリック→「最低購入額(円)」の最大値に「20」”などと紹介している。まずはそちらを読んで画面構成やスクリーニング条件の作成方法をマスターするのが、この“スーパーウエポン”を使いこなすための早道だ。

東洋経済で見つける先取り有望銘柄

ページトップ