会社四季報オンライン

Top

今は個人投資家にとって「買えば儲かりそう」な相場です

MS-Japanを購入したら上放れ

2017年03月02日

横山 利香

MSーJapanの有本隆浩社長

 米国の株式市場はニューヨークダウ、ナスダックがともに高値を更新するなど引き続き堅調な状況が続いています。これに対して日経平均株価は、現地時間の2月28日に行われるトランプ米大統領の議会演説を前に、「何か悪材料が出るのではないか」といった思惑があったのでしょうか、モミ合いに終始していました。

 しかし、日本時間の3月1日の議会演説終了後は「ひと安心」という受け止め方なのか、全面高の展開となりました。異色のトランプ大統領なので様子見というスタンスもわからないではありませんが、先の首脳会談を見るかぎり、少し過剰反応だったのではないかと思います。それでも、過剰でも損はないので様子見、という人が多かったのでしょう。

 ニューヨークダウのチャートを見ると、2万ドルは単なる通過点になってしまいました。「株価が上がるから買われる」状況ですが、2万1000ドルももう目前で、大まかな目安としては2万2000ドル前後がターゲット値です。

画像を拡大
「ニューヨークダウの上値メドは2万2000ドルプラスマイナス500ドル」

 しかし、一方通行的な彼らの気性を考えると、プラスマイナス500ドルは考えておいたほうがいいいのでしょうか。今の波動がまもなく終了するとみられ、ダイナミックな調整が訪れる可能性が高いと見ています。

 一方、日本の株式市場は、東証マザーズやジャスダックなどの新興銘柄や中小型株が強く、個人投資家にとっては買えば儲かる状況になってきています。地合いも悪くありません。トランプ大統領誕生のおかげで2016年秋以降は大型株にいいところを持って行かれたので、「ようやくきた」という感じで。

 とはいえ、新興銘柄や中小型株の場合、投資家が一斉に買い向かったかと思えば一斉に売りに回るケースが少なくないので、「高値を取った銘柄から保有株の半分程度を利益確定して買い直す」といった具合に回転を繰り返しています。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(111)

大バケ株が続々、だからやめられない低位株投資

2 20人の"強者"の事例

「億超え投資家」も失敗を乗り越えて今がある

3 崩れたマザーズ銘柄とは対照的

知名度の低い小型株が好パフォーマンスの理由

4 市場規模はVRの10倍に

AR関連の伏兵会社のスゴすぎる?技術

5 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(112)

「シリコンサイクル」はもう高値ピークを付けたかも

6 戦後最長の景気拡大を反映

人手不足は好機!賃金上昇と設備投資の呼び水に

7 あと1カ月は米国注視

世界の視線は北朝鮮にあらず!商社・重電・非鉄に勝算あり

8 脳裏によぎる"テーパー・タントラム"

ドラギ発言次第で市場が動揺? 近づくジャクソンホール会合

9 底打ちか小反発か見極める必要

日経平均が踏ん張っても個別では厳しい下げも

10 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(108)

「四季報」夏号を読破!注目の銘柄・業界はズバリこれ

ゲスト
お申し込み