会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

マイナス金利政策で銀行の行動はどう変わったか

昨年2月導入から1年

菅谷 幸一
「日銀のマイナス金利政策導入が金融機関の経営を圧迫した」との指摘は少なくない(撮影:大隅智洋)

 日本銀行がマイナス金利政策を導入してから1年あまりが経過した。マイナス金利政策の導入は未曽有の国債金利の低下(イールドカーブのフラット化)をもたらした。その影響は特に金融機関の資金運用に大きく表れたと言える。

 国内銀行の預貸業務に与えた影響に焦点を当ててみると、貸出金利は従来、低下傾向にあったが、マイナス金利政策の導入で低下ペースが一段と加速した。こうした貸出金利の低下は、①預貸金利ザヤ(=貸出金利ー預金金利)をさらに縮小させた一方、②資金需要(借り入れ需要)を喚起することで貸し出し増につながった、ともみられる。ただし、こうした影響の表れ方や度合いは、業態によって異なる。

 ①については、マイナス金利政策導入によって預金金利も低下したが、貸出金利に比べてその低下幅が小さかったため、預貸金利ザヤの縮小がいっそう進んだ。これは、預金金利がすでにゼロ近傍にあり、引き下げ余地が小さいからである。業態別では、新規・ストックともに、都市銀行よりも地域銀行(地方銀行・第二地方銀行)の貸出金利の低下幅が概して大きくなった。これは、地域金融機関どうしの競争が金利低下に拍車をかけているのが原因と考えられる。

 ②に関しては、都市銀行と地域銀行で貸し出しの動きに違いが見られる(下図参照)。都市銀行では、マイナス金利政策の導入以前から増勢が弱まっており、導入後もその動きが続いたが、2016年秋ごろから大・中堅企業向けを中心に増勢を強めている。一方、地域銀行の貸し出しはマイナス金利政策の導入後、中小企業・個人向けの増勢が強まっているものの、大・中堅企業向けは16年半ばごろから減少に転じている。地域銀行がリスクテイクの姿勢を強めている一方、都市銀行はむしろ慎重であるようすがうかがえる。

画像を拡大
注)「地域銀行」は地方銀行と第二地方銀行の合計、出所)日本銀行「預金・現金・貸出金」より大和総研作成

ページトップ