会社四季報オンライン

Top

個人投資家が注目!3月株主優待利回りランキング

17年は28日まで

2017年03月10日

会社四季報オンライン編集部

株主優待には乗車割引券やテーマパーク入園券など内容はさまざま(撮影:尾形文繁)

 上場会社の7割を占める3月期決算会社の期末が近づいてきた。この時期になるとにわかに「株主優待」が注目される。

 「株主優待」とは、各銘柄が主に個人投資家を引き付けるために、自社の商品やサービス割引券、クオカードや地方の名産品など株主にプレゼントするもので、株式投資の楽しみの一つだ。

 株主優待をゲットするためには、権利確定日に株式を保有している(株主名簿に掲載されている)必要がある。2017年の3月期決算会社の株主名簿に掲載されるための期限は3月28日(火)。この日までに目的の銘柄の株を買っておき、売らなければOKだ。

 そこで今回は、3月期決算会社を対象に、株主優待を金額換算し、今の株価を使ってその利回りを計算した「優待利回り」の高い銘柄をピックアップしてみた。

 この利回りが高ければおトクな優待内容と言える。ただ、自社店舗のみの利用や、1000円ごとに1枚利用できるなどの、利用する上で制約がある場合もある。また、10%割引券といった金額換算できない内容は対象から除外されているので、あくまで優待を選ぶための目安として活用していただきたい。

 最新株価で利回りをチェックしたい場合は、メニューの「ランキング」→「最新データランキング」→(右カラム内)株主優待欄にある「優待利回り」からいつでも会社四季報オンラインでいつでも確認できる。

東洋経済で見つける先取り有望銘柄

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 下値には買い指し値で待機

中小型株は安くなったら買いのチャンス到来です

2

東芝は出来高伴い大幅続伸、「エフィッシモ」の大量取得が判明

3 狙い目はコレ?

「NISAのウマ味を最大限引き出す」2つの銘柄条件を検証!

4 銘柄選択の手掛かりワンサカ

春の学会シーズン到来、バイオ株買うなら今でしょう!?

5 1週間で約5%の値下がり

マザーズが急落、変調を引き起こした犯人は誰だ?

6 企業景況感示す指標公表相次ぐ

アニマルスピリット復活なら日本株に追い風

7 1位日本コークス、2位三井造船…

株価200円以下!連続最高益更新中の低位株48銘柄

8 東京五輪へ向け急速に進展も

投資の新たなキーワードは「キャッシュレス化」?

9 17年は28日まで

個人投資家が注目!3月株主優待利回りランキング

10 出世魚を探せ、第2弾

3月「東証1部昇格」期待の福の神特選3銘柄はコレ

ゲスト
お申し込み