会社四季報オンライン

Top

「お米」株主優待銘柄、最もお得な探し方

あれから20年、77冊読破した男の「深イイ話」(101)

2017年03月15日

渡部 清二

株主優待の王様といえばやはりおコメ。では今、最もコスパの高い銘柄は何か(freeangle / PIXTA<ピクスタ>)

 3月末の年度末が近づいている。日本の上場企業の約7割が3月決算のため、今月末は1年のうちで最も重要な時期となる。

 というのも、決算期の3月末の株主に対して配当金や株主優待を受ける権利や、6月中旬以降に開催される株主総会に出席する権利が発生するからだ。3月末の株主になるには、今年は3月28日(火)までに、「現物株」で希望の銘柄を買っておく必要があるので注意してほしい。ということで今回は、「年度末は配当と株主優待のダブルチャンス」というテーマでお伝えしたい。

 その前に株主総会についても少し言及すると、「可能なかぎり株主総会には出席してほしい」というのが私の思いである。その理由は、投資家が、投資している企業の全役員と対面できる唯一の機会が株主総会だからだ。総会に出席すればその会社の雰囲気を感じ取ることができ、中長期的に応援できるかどうかの判断材料になりえるからである。株主総会のチェックポイントについてはいずれお伝えしていきたいと思う。

 さて本題に戻り、まずは配当についてだ。近年、上場企業は株主還元を重視し、配当を増やす傾向にある。昨年2015年度の配当総額は、過去最高だった2014年度を上回り、初めて10兆円の大台を突破した。

 3月決算が上場企業の70%を占めるので、単純計算では配当総額10兆円のうち7兆円が、3月決算企業によって支払われたことになる。年に2回配当を出す「中間配当」の実施率が50%超であることを考慮しても、最低3.5兆円以上の配当金が3月末に支払われる計算だ(※ただし税金は考慮せず、実際の配当受け取りは株主総会後の6月下旬ごろ)。3.5兆円はあおぞら銀行(8304)の資金量を上回る規模であり、それなりに大きい。

 ところで現在の東証1部全銘柄の加重平均配当利回りは1.9%前後だが、平均を大きく上回る高配当銘柄は、四季報オンラインのスクリーニング機能で簡単に見つけることができる。

 この表から銀行・証券などの金融機関に高配当銘柄が多いことがわかるが、日産自動車(7201)や青山商事(8219)など自動車や小売業でも、平均利回りの2倍以上の4%前後で放置されているので注目である。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(111)

大バケ株が続々、だからやめられない低位株投資

2 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(112)

「シリコンサイクル」はもう高値ピークを付けたかも

3 市場規模はVRの10倍に

AR関連の伏兵会社のスゴすぎる?技術

4 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(108)

「四季報」夏号を読破!注目の銘柄・業界はズバリこれ

5 動くべくして動いたということ

株価急落の原因は、本当に地政学リスクか?

6 崩れたマザーズ銘柄とは対照的

知名度の低い小型株が好パフォーマンスの理由

7 来期業績はさらに拡大

任天堂関連として急浮上、大型買収の行方にも注目

8 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(109)

RIZAPより凄いぞ!四季報で見つけたM&A駆使する新興企業たち

9 兜町怪情報、今回は4銘柄

4カ月で価格6倍!好市況に沸く商品とは?

10 底打ちか小反発か見極める必要

日経平均が踏ん張っても個別では厳しい下げも

ゲスト
お申し込み