会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

ほぼ日の初値は公開価格の2.3倍となる5360円に

会社四季報編集部

 ジャスダック市場に3月16日に上場したほぼ日(3560)の初値は、公開価格である2350円の2.28倍となる5360円となった。

 上場初日を買い気配のまま終えたほぼ日。初値がついたのは上場2日目となる17日。取引開始直後の9時00分に5360円をつけた後、9時1分には5480円もあった。その後は伸び悩み10時17分に4780円をつけ、4820円で午前の取引を終えている。

 ほぼ日は著名コピーライターの糸井重里氏が1979年創立の個人事務所が前身。東京糸井重里事務所として2002年株式会社化。16年に現社名に。社名の由来のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」(98年開設)で読者を集客、自社企画・開発商品をインターネット直販するビジネスモデル。主力「ほぼ日手帳」は売り上げ全体の7割占め、上期に販売集中。英語版手帳を中国や米国に拡販、海外売上比率2割弱。手帳以外の商品・サービスの拡充が課題。

 17年8月期はサイトの堅調な集客を背景に、新刊書籍や食品・アパレルなど自社企画・開発商品が順調。主力の手帳も海外向け牽引で部数続伸だが、カバーなど高単価の周辺商品が反落。商品企画増に伴う業務委託費も膨らみ営業益足踏み。営業外に上場関連費用。固定資産除却特損見込まず。調達資金(手取り5億円強)はSNSアプリなど新事業の企画・開発・運営に充当方針。

 比較銘柄としてはアイスタイル(3660) 、トレンダーズ(6069) 、良品計画(7453)など。

記事中の会社を詳しく見る

ほぼ日 (3560)

ページトップ