会社四季報オンライン

Top

東京個別指導が連日の新値、創業者の株集めで思惑台頭

2017年03月17日

 東京個別指導学院(4745)が続騰し、連日で昨年来高値を更新した。午後1時54分現在、前日比127円(9.2%)高の1508円となり、東証1部の値上がり率銘柄ランキングで3位に浮上している。一時は1524円まで買われる場面があった。創業者で初代社長の馬場信治氏が、本日付で大量保有報告書を提出したことが買い材料となった。

 馬場氏は報告義務発生日(17年2月28日)に保有割合が、1.12ポイント増加し11.16%に上昇した。馬場氏の共同保有者である有限会社エス・ビーアセット・マネジメントが保有する17.21%と合わせると1.13ポイント増加の28.38%になった。2015年2~4月にも馬場氏の保有割合上昇をきっかけに株価が上昇した経緯があるため、同様の思惑が働いているようだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

4745 東京個別指導学院 株価チャート

04/28
15:00
時点

1,298

前日比
-41(-3.06%)

年初来高値 1,662.0(17/03/27)
年初来安値 884.0(17/01/18)
予想PER 41.74倍
PBR 8.54倍
予想配当利回り 2.00%
市 場  東証一部
売買単位 100 株

各種情報について

閉じる×

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

コラムを順に読む

この記事をシェア

関連記事

記事アクセスランキング
1 あれから20年、78冊読破した男の「深イイ話」(104)

まだはもう……「人手不足バブル」の崩壊は近い?

2 昨年の5月とは事情が異なる

懸念要因の後退で「新興市場」に熱視線

3 実感と実態に大きなギャップ

実は景気は「バブル期並み」に好調だ

4 "制約"を逆手に取る

プロ直伝! 「機関投資家に勝つ」バイオ投資の"ワザ"

5 まだ日本株は底打ちしていない!?

過去データで分析! 「暴落相場の底」を見極める方法

6 2匹目のドジョウはここにいる?

もうすぐ決算発表!続・四季報予想が強気の「注目」61銘柄

7 上方修正なるか

来週に決算発表!四季報予想が強気の注目29銘柄

8 戻り上値メドに到達

有事に金への投資で気をつけること

9 MS-Japanを購入したら上放れ

今は個人投資家にとって「買えば儲かりそう」な相場です

10 古い話と思っていたら大間違い

あのビットコインがこの1年で3倍に膨張していた!

ゲスト
お申し込み