会社四季報オンライン

Top

モロゾフが大幅続落、百貨店閉鎖など響き18年1月期は減益に

2017年03月17日

 モロゾフ(2217)が大幅続落した。午後2時07分現在、前日比24円(4.1%)安の557円と売られ、東証1部値下がり率銘柄ランキングの8位となっている。16日引け後に、2018年1月期の業績予想(非連結)を発表し、嫌気された。

 営業利益は17億6000万円(前期比12.4%減)、純利益は11億2000万円(同8.7%減)と、減益に転じる見通し。顧客の節約志向が続く中、競争激化や中長期的な原材料価格の上昇懸念から減益を予想している。相次ぐ百貨店の閉鎖などによる売り上げの減少も織り込んだとしている。

 株価は2月28日に発表した前17年1月期業績予想の増額修正をきっかけに上昇し、3月10日には昨年来高値593円を付けていたが、今18年1月期の一転減益予想に、手仕舞い売りや処分売りが加速している。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

2217 モロゾフ 株価チャート

04/28
15:00
時点

577

前日比
-7(-1.20%)

年初来高値 600.0(17/03/29)
年初来安値 497.0(17/01/26)
予想PER 18.91倍
PBR 1.45倍
予想配当利回り 1.21%
市 場  東証一部
売買単位 1000 株

各種情報について

閉じる×

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

コラムを順に読む

この記事をシェア

関連記事

記事アクセスランキング
1 あれから20年、78冊読破した男の「深イイ話」(104)

まだはもう……「人手不足バブル」の崩壊は近い?

2 昨年の5月とは事情が異なる

懸念要因の後退で「新興市場」に熱視線

3 実感と実態に大きなギャップ

実は景気は「バブル期並み」に好調だ

4 "制約"を逆手に取る

プロ直伝! 「機関投資家に勝つ」バイオ投資の"ワザ"

5 まだ日本株は底打ちしていない!?

過去データで分析! 「暴落相場の底」を見極める方法

6 2匹目のドジョウはここにいる?

もうすぐ決算発表!続・四季報予想が強気の「注目」61銘柄

7 上方修正なるか

来週に決算発表!四季報予想が強気の注目29銘柄

8 戻り上値メドに到達

有事に金への投資で気をつけること

9 MS-Japanを購入したら上放れ

今は個人投資家にとって「買えば儲かりそう」な相場です

10 古い話と思っていたら大間違い

あのビットコインがこの1年で3倍に膨張していた!

ゲスト
お申し込み