会社四季報オンライン

Top

モロゾフが大幅続落、百貨店閉鎖など響き18年1月期は減益に

2017年03月17日

 モロゾフ(2217)が大幅続落した。午後2時07分現在、前日比24円(4.1%)安の557円と売られ、東証1部値下がり率銘柄ランキングの8位となっている。16日引け後に、2018年1月期の業績予想(非連結)を発表し、嫌気された。

 営業利益は17億6000万円(前期比12.4%減)、純利益は11億2000万円(同8.7%減)と、減益に転じる見通し。顧客の節約志向が続く中、競争激化や中長期的な原材料価格の上昇懸念から減益を予想している。相次ぐ百貨店の閉鎖などによる売り上げの減少も織り込んだとしている。

 株価は2月28日に発表した前17年1月期業績予想の増額修正をきっかけに上昇し、3月10日には昨年来高値593円を付けていたが、今18年1月期の一転減益予想に、手仕舞い売りや処分売りが加速している。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

2217 モロゾフ 株価チャート

08/18
15:00
時点

7,240

前日比
-100(-1.36%)

年初来高値 7,700.0(17/08/09)
年初来安値 4,970.0(17/01/26)
予想PER 18.97倍
PBR 1.81倍
予想配当利回り 0.97%
市 場  東証一部
売買単位 100 株

各種情報について

閉じる×

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

コラムを順に読む

この記事をシェア

関連記事

記事アクセスランキング
1 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(111)

大バケ株が続々、だからやめられない低位株投資

2 20人の"強者"の事例

「億超え投資家」も失敗を乗り越えて今がある

3 崩れたマザーズ銘柄とは対照的

知名度の低い小型株が好パフォーマンスの理由

4 市場規模はVRの10倍に

AR関連の伏兵会社のスゴすぎる?技術

5 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(112)

「シリコンサイクル」はもう高値ピークを付けたかも

6 戦後最長の景気拡大を反映

人手不足は好機!賃金上昇と設備投資の呼び水に

7 あと1カ月は米国注視

世界の視線は北朝鮮にあらず!商社・重電・非鉄に勝算あり

8 脳裏によぎる"テーパー・タントラム"

ドラギ発言次第で市場が動揺? 近づくジャクソンホール会合

9 底打ちか小反発か見極める必要

日経平均が踏ん張っても個別では厳しい下げも

10 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(108)

「四季報」夏号を読破!注目の銘柄・業界はズバリこれ

ゲスト
お申し込み