会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

ビーグリーの初値は公開価格とほぼ同額の1881円に

会社四季報編集部

 東証マザーズに上場したビーグリー(3981)の初値は公開価格である1880円とほぼ同額の1881円となった。

 上場初日となる3月17日、初値を付けたのは9時00分。1881円を付けた直後に1860円と公開価格を割り込む場面もあったが、すぐに伸び幅を拡大。9時22分には2139円まで上昇。その後も2000円を超える水準で推移している。

 ビーグリーはスマホ向け電子コミック配信サービス「まんが王国」を運営。取次を介さず、コミック作家である著作権者や出版社と直接利用許諾契約を結び、オンラインで有料課金するビジネスモデル。試し読みのための無料コンテンツを多くそろえていること、紙媒体では未出版または絶版タイトルの調達・配信に特徴がある。課金は通信キャリア委託が主。付加価値の高いコンテンツ拡充が成長維持のカギとなる。

 17年12月期も高水準の広告宣伝費を使い、知名度向上と利用者獲得を継続。増収増益の見通し。上場調達資金は、主に広告宣伝費に充当する方針。比較銘柄は、電子書籍を手掛けるメディアドゥ(3678)、イーブックイニシアティブジャパン(3658)、パピレス(3641)など。

記事中の会社を詳しく見る

ビーグリー (3981)
東洋経済で見つける先取り有望銘柄

ページトップ