会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

旅工房(6548)の実力診断

自社サイトで海外パッケージツアーを販売

松浦 大

 自社サイト「旅工房」で海外パッケージツアーを販売。地域専門のトラベル・コンシェルジェによるツアーやオプションといった提案型旅行に特長。オンライン旅行会社では捕捉しきれない現地の観光ポイントや食事などを提案することで、20~40代の女性の支持を集めている。収益はツアー販売の集中する7~9月期に偏重。コンシェルジェの提案不要な韓国や台湾といった近隣国や法人旅行の取り込みを強化中。

 2017年3月期は、柱のパッケージツアーが知名度向上を追い風に順調増。注力中の近郊国も取り扱い増え増収増益。調達資金は予約システムの開発や人材採用に充当。配当政策は未定、株主優待は主催ツアーの割引や、株主限定のツアーの催行などを検討。比較銘柄はエイチ・アイ・エスなど。

会社概要

【本 社】〒170-6046 東京都豊島区東池袋3ー1ー1サンシャイン60 TEL03-5956-3044

【URL】http://www.tabikobo.com/ 【設 立】1994年

【代表者】高山泰仁(47歳) 【従業員数】267人

【業 種】サービス業

【市場テーマ】旅行、ネット予約、円高好感

【比較銘柄】 エイチ・アイ・エス(9603) 、KNTーCTホールディングス(9726) 、ユーラシア旅行社(9376) 、オープンドア(3926) 、エボラブルアジア(6191)

業績

(百万円) 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益
(円)
1株配
(円)
単14.03* 17,843 31 12 7.1 0
連15.03* 20,837 109 122 92 51.4 0
連16.03(分) 21,697 230 226 135 75.2 0
連17.03予 22,000 250 240 150 83.3 0
連18.03予 24,500 300 310 190 84.4 0

注) (分)は株式分割 16年2月 1→10、16年2月 1→100

【1株純資産】(16.3)148.9円

大株主

【上場前発行済株式数】1,800,000株 【潜在株式数】94,900株

株主名 保有株式数(株)
※潜在株含む
高山泰仁 1,403,600
坂井直樹 100,000
野口孝寿 73,800
葛野悦子 26,000
戸田輝 26,000
前澤弘基 23,000
多田清花 22,000
舩渡川崇 20,500
太田耕一郎 20,100
川尻郁夫 20,000
前田宣彦 20,000

スケジュール、価格、引受会社

【上場予定日】4月18日 【市 場】東証マザーズ

仮条件
決定日
BB期間 公開価格
決定日
申込期間
3/30(木) 4/3(月)

4/7(金)
4/10(月) 4/11(火)

4/14(金)

【仮条件】1,220~1,370円 【公募価格】1,370円

【幹事証券】大和 【引受証券】SMBC日興、SBI、エイチ・エス、エース、いちよし

株式数、売買単位

公募
株式数
売出し
株式数
売出し(OA)
株式数
450,000株 110,000株 84,000株

【上場時発行済み株式数】2,250,000株 【売買単位】100株

記事中の会社を詳しく見る

旅工房 (6548)
東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ