会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

調整はまだ不十分、1万8000円割れで打診買い?

新興市場の底打ち判断は、「そーせい」に注目

横山 利香

 日経平均株価は下値支持線にそった株価下落が続いていて、4月13日には一時1万8304円の安値をつけました。3月2日につけた高値1万9668円から7%の下落幅で、ぼちぼち投げ売りが出てきたというところでしょうか。

 それにしても、前回地政学的リスクが高まっているのが不穏だと懸念していましたが、米国がシリアにミサイル攻撃を行ったことで現実となってきています。過去の共和党政権を振り返るとそういう出来事があったので、可能性はあるかもしれないと想定していました。

 おかげで、ドル・円相場では引き続きドルが売られています。リスク回避的に円が買われ、かつ米国債が買われて利回りが低下し、そしてまた円が買われるという流れなのでしょうか。地政学的リスクもありますが、トランプ大統領の政策が実現できず、民主党政権が経済を押し上げてきた効果も徐々に賞味期限が切れるでしょう。そうしたことを織り込み始めているのかもしれません。

 個人的には、地政学的リスクが高まるかもしれないと金先物を購入していました。ただドルが円に対して弱いため、円ベースでの利益は相殺されてしまっているのは残念です。

 日経平均株価の今後の動きについては、いまだ暴落といえる下げではないと分析しています。短期的な暴落水準まであと数百円で、一瞬でも1万8000円を割り込みそうな地合いになれば下値拾いの好機と考えています。不測の事態ですから、様子を見ながら日経平均株価の妥当な株価水準を考えていきたいと考えています。

記事中の会社を詳しく見る

ユーザベス (3966) そーせいG (4565)

ページトップ