会社四季報オンライン

Top

株価下落の「真犯人」は地政学リスクではない!

指数の動きに振り回されるな

2017年04月17日

清水 洋介

adam121 / PIXTA(ピクスタ)

 地政学リスクが取りざたされ、大騒ぎになっている。しかし、前回の連載で指摘したように、実際は「地政学リスク」で株価が動いているのではないと考えている。

 確かに円高に振れたように見えるが、先週末に米国の経済指標が芳しくなかったことや、トルコの独裁が強まるという懸念からの円高だと考えられる。結局、株式の「需給」ということであるが、日米など各国の金利政策は特に注目しておく必要があるだろう。

金利が株式需給に影響大

 ここ何年かの大きな流れの変化を見ていると、米国でのデフレ懸念、そしてQE(量的緩和策)、金融緩和から通常モードへの移行の動きなどが、株式市場には大きく影響している。もちろん、金融政策だけでなく、社会政策などの影響もあるのだが、「大きな流れ」という意味では金利が株式の需給に影響し、指数が影響されているということは否めない。

 足元では金融政策というよりは「地政学リスク」が大きく取りざたされているが、これまでの「ギリシャ問題」やスコットランド独立の是非を問う国民投票、英国の国民投票、そして米国大統領選挙なども、特に大きな変化に結び付いたわけではない。

 米大統領選挙は大きく変わったということが言われるが、実際には昨年12月利上げに絡む債券から株式へのシフトが相場の大きな上昇要因であり、「選挙」そのものではないと考えている。

 今回の下落も「地政学リスク」と言われているが、実際に何が変わったわけでもなく、当の紛争当事国よりも日本株が下落していることの説明がつかない。先週の下落のなかでも特に影響があったのが、トランプ大統領の「ドル安が好ましい」「低金利が好ましい」という発言であり、「地政学」というよりは金利や為替の問題ということだろう。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 20人の"強者"の事例

「億超え投資家」も失敗を乗り越えて今がある

2 あと1カ月は米国注視

世界の視線は北朝鮮にあらず!商社・重電・非鉄に勝算あり

3 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(111)

大バケ株が続々、だからやめられない低位株投資

4 崩れたマザーズ銘柄とは対照的

知名度の低い小型株が好パフォーマンスの理由

5 市場規模はVRの10倍に

AR関連の伏兵会社のスゴすぎる?技術

6 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(109)

RIZAPより凄いぞ!四季報で見つけたM&A駆使する新興企業たち

7 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(108)

「四季報」夏号を読破!注目の銘柄・業界はズバリこれ

8 スケジュール=8/21の週の話題

東京五輪スポンサー銘柄は下値狙いの勝算あり

9 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(112)

「シリコンサイクル」はもう高値ピークを付けたかも

10 脳裏によぎる"テーパー・タントラム"

ドラギ発言次第で市場が動揺? 近づくジャクソンホール会合

ゲスト
お申し込み