会社四季報オンライン

Top

「これまでのポジションは精算しました」

一つの方針に固執すると負ける

2017年04月20日

横山 利香

 英国のメイ首相が4月18日に、下院を解散して6月8日に総選挙を実施するという緊急声明を発表しました。2016年6月に行われた国民投票でEU(欧州連合)からの離脱が選択されました。実施には議会の3分の2以上の同意が必要だからと、20年に予定されている総選挙を前倒ししてまでなぜ今総選挙を行わなければならないと考えたのでしょうか。圧勝できるという過信なのでしょうか、それとも匙を投げたのでしょうか。はなはだ疑問と言わざるを得ません。混迷を極めるマーケットに、また一つ賽は投げられたということなのでしょう。

 さて、日経平均株価は値下がりが続いて、4月17日には1万8224円の安値をつけました。米国の株式市場が値を戻したことで、株価はリバウンドに転じてはいますが、トレンドに変化は見られない状況です。ただし、日銀のETF買いが継続的に入っていることから意外と底堅く、動くに動けないという感じではあります。

 株価チャートを見る限りでは、1万8000円あたりまでは下げそうとも分析できますので、できればすっきり下げた方が買いやすいのですが、目先のトレンドの動向に注目しています。

 また、ドル/円相場では引き続きドル売りが続き、1ドル=108円台まで円高が進んでいます。過度な期待が引き起こしたトランプラリーがいったん巻き戻しに転じていることや、トランプ大統領が「ドルは強くなりすぎている」という趣旨のコメントをしています。時間軸で考えてもしばらくはドル売りが続くのではないかと分析しています。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(111)

大バケ株が続々、だからやめられない低位株投資

2 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(112)

「シリコンサイクル」はもう高値ピークを付けたかも

3 市場規模はVRの10倍に

AR関連の伏兵会社のスゴすぎる?技術

4 底打ちか小反発か見極める必要

日経平均が踏ん張っても個別では厳しい下げも

5 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(108)

「四季報」夏号を読破!注目の銘柄・業界はズバリこれ

6 崩れたマザーズ銘柄とは対照的

知名度の低い小型株が好パフォーマンスの理由

7 動くべくして動いたということ

株価急落の原因は、本当に地政学リスクか?

8 材料株扱いは間違い!?

ただの防衛関連じゃない!1Q好調で実態伴う

9

今週(8月10~16日)の業績予想更新銘柄一覧(1/2)

10 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(109)

RIZAPより凄いぞ!四季報で見つけたM&A駆使する新興企業たち

ゲスト
お申し込み