会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

きょうの動意株

ゲンキーが売られる、第3四半期決算伸び悩みで見切り売り優勢

2772 ゲンキー 株価チャート
04/27
15:00
時点

2,864

前日比
+20(+0.70%)

年初来高値 3,670.0(17/03/23)
年初来安値 2,756.0(17/04/25)

 福井や岐阜などを地盤にドラッグストアを展開するゲンキー(2772)が売られている。午前11時25分時点では前日比268円(8.6%)安の2867円で東証1部の値下がり率銘柄ランキングの2位となっている。

 20日の引け後に今2017年6月期の第3四半期累計(16年6月21日~17年3月20日)連結決算を発表。これが伸び悩んだという見方から、個人投資家などの見切り売りが優勢になっている。

 売上高は606億8100万円(前年同期比14%増)、当期純利益は18億6300万円(同60%増)と大幅増収増益だったが、純利益は第2四半期段階ですでに13億7900万円(同69%増)を計上済み。直近の第3四半期(16年12月21日~17年3月20日)のみでは減収減益となっており、通期の上方修正期待も後退した格好。

 きょうの東京市場ではリスク選好ムードの広がりで自動車や電機など輸出関連株が買われており、当社のような内需関連株は物色の圏外に置かれている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 14.27倍 PBR 3.21倍 予想配当利回り 0.79%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※04/27 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ゲンキー (2772)
東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ