会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

日経平均は小幅続落、利益確定売りが優勢 トランプ発言に警戒感

前場終値は38円安の1万9213円

ロイター
4月28日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比38円78銭安の1万9213円09銭となり、小幅続落となった。写真は東京証券取引所で2015年8月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比38円78銭安の1万9213円09銭となり、小幅続落となった。米国株や為替の水準は前日とほぼ変わらずで手掛かり材料に欠ける中、利益確定売りが先行した。前場中盤にトランプ米大統領が北朝鮮と「大きな紛争」が起こる可能性がある、と発言したことが伝わり指数はやや下げ幅を拡大したが、大きく売られることはなかった。

TOPIXも続落。セクター別では、金融株の下落が顕著だった。証券の下落率がトップ。銀行、その他金融がこれに続いた。半面、情報・通信、電気・ガス、その他製品が上昇率の上位に並んだ。

きょうは企業の決算発表シーズン前半のヤマ場で、280社ほどの公表が控えている。市場では「これまでの決算は良い悪いまちまちで、大きなトレンドは描けていない。目先は米雇用統計の発表や仏大統領選の決選投票などが控えており、買いにくい雰囲気だ」(松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏)との声が聞かれた。

東証1部騰落数は、値上がり730銘柄に対し、値下がりが1158銘柄、変わらずが126銘柄だった。

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
キャッシュバック

ページトップ