会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

きょうの動意株

東芝が買い先行、「メモリ」売却交渉の進展期待

6502 東芝 株価チャート
06/23
15:00
時点

307.8

前日比
-14.3(-4.44%)

年初来高値 344.0(17/06/13)
年初来安値 178.0(17/02/17)

 東芝(6502)が寄り付きから買い先行。午前9時20分現在では前週末比10.3円(4.0%)高の268.7円となっている。

 当社の半導体子会社「東芝メモリ」の売却を巡り、協業先の米ウエスタンデジタル(WD)が政府系ファンドの産業革新機構を軸とする「日米連合」と合流に向けて協議していると一部に報じられたことが手掛かり。

 WDは合流が実現して落札が見通せれば、国際仲裁裁判所への売却中止の申し立てを取り下げるとも伝えられており、これによって当面の最大の経営課題であるメモリ事業の売却交渉が進展すれば経営再建の道筋に明るさが増すと期待した個人投資家などが買い戻しや見直し買いを先行させている。

 先週に人気化していた任天堂(7974)やソフトバンクグループ(9984)がきょうは利益確定売りで軟調な値動きとなっており、短期の値幅取りを狙う投資資金が当社株などにシフトしている面もありそうだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 3.96倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証一部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東芝 (6502)
キャッシュバック

ページトップ