会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

好成績の投信が組み入れている銘柄はこれ!

優秀な運用者が注目

鈴木 雅光
優秀な運用者が共通して目を付けている銘柄がある(撮影:今井康一)

 おそらく、四季報オンラインを読んでいる投資家の多くは、「投資信託を買うくらいなら、自分で銘柄を選んで投資した方が良い」と考えているだろう。

 たしかに、株式投資には自分で銘柄を選ぶ面白さがある。対して投資信託の場合、銘柄選びから売買のタイミングまで、すべて運用担当者にお任せだ。そのうえ、購入時の購入手数料、保有期間中の運用管理費用といったコストもかかってくる。さらに言えば、ファンドマネジャーが無能だったら、運用成績はベンチマークを下回り続けるおそれがある。コストを払い、人に運用を任せてろくでもない成績になるならば、たとえ損をしたとしても、自分で銘柄を選んだほうが、納得はいく。

 ただ、どれが優秀な運用成績を上げているアクティブファンドかがわかるなら、その組み入れ銘柄を見ることは、個別銘柄に投資している投資家にとっても参考になるはずだ。

 そこで、まずは優秀なアクティブファンドを選んでみよう。ちなみに、ここでのアクティブファンドは、日本株を投資対象とするものに限定している。

 日本株を投資対象とした投資信託はたくさんあるので、ある程度の絞り込みが必要だ。今回は以下の条件で絞り込んだ。
① 純資産総額は30億円以上
② 過去5年以上の運用成績があること
③ 通貨選択型、デリバティブ型、DC専用、SMA・ラップ型などは対象外

 こうして、2015年4月末時点、2016年4月末時点、2017年4月末時点という3つのラップタイムにおける過去5年間の運用成績をランキングし、インデックスファンドの成績を上回っているものから上位20位までをピックアップした。

記事中の会社を詳しく見る

エンJPN (4849)
  • コラムを順に読む
キャッシュバック

ページトップ