会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

仮想通貨関連・リミックスポイントはまだ上がる?

半値戻しは全値戻しか!?

横山 利香

 一時は2万円の大台に乗せた日経平均株価でしたが、意外に上値の重い展開が継続しています。短期的に上昇トレンドが発生したので、もっとイケイケ!ドンドン!とムードが盛り上がり、株価は2015年6月につけた高値2万0952円を目指して上昇する可能性が高くなったと考えていました。

 そして、今年は一貫してナスダックが堅調だから、日本でもIT関連銘柄にチャンスがあると何度も解説してきましたが、そのナスダックも久しぶりに大幅調整となりました。ただここまで一貫して上昇してきましたので、逆に調整を挟んでくれた方が多くの人も参戦しやすいでしょう。個人的には、ナスダックの下落は調整の範囲内に終わるだろうと楽観的に考えています。

 そして、ドル/円相場とWTI原油先物については、小動きの状況が続いています。このまま時間をかけて下値を切り下げる展開を想定していますが、そうでなければなおよしです。年後半は再びWTI原油先物に注目できる環境が整ってくるのではないかと考えていますので、ドル/円もそのような動きになる可能性があります。

 すでに6月も中旬になり、日本の子供たちは7、8月は夏休みで、私の売買も頻度が減ります。できれば夏休み期間で時間調整を済ませてくれたら、と都合のいいことを考えています。

 さて、株式市場が強いのか弱いのかはっきりしない地合いが続いていますので、また下がったらポジションを取り直そうと思い直して、リバウンド狙いの銘柄については順次売却に踏み切っています。全体的にマーケットが膠着しているわけではなく、中小型株や新興市場銘柄においては循環がそれなりに効いているようです、無理に保有する必要もなさそうだと判断し、うまく銘柄の入れ替えを図りたいと考えています。

キャッシュバック

ページトップ