会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

米国株式市場はまちまち、ネットフリックス主導でナスダック最高値

ダウは54ドル安の2万1574ドル

ロイター
7月18日、米国株式市場は、主要株価指数が高安まちまちで取引を終えた。動画配信サービスのネットフリックスがけん引役となってナスダック総合指数が過去最高値を更新した。写真はニューヨーク証券取引所で17日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 18日の米国株式市場は、主要株価指数が高安まちまちで取引を終えた。動画配信サービスのネットフリックスがけん引役となってナスダック総合指数が過去最高値を更新した一方、金融のゴールドマン・サックスがダウ工業株30種を押し下げた。

ナスダック総合指数は8営業日続伸し、2015年2月に記録した10営業日続伸以来の長期連騰となった。

S&P総合500種も終値としての最高値を更新した。

ネットフリックスは13.5%急伸。第2・四半期に契約者数が520万人増加したと前日に発表したことが買い手掛かりとなった。

ゴールドマン・サックスは2.6%安。同社の四半期決算は債券トレーディング収入が40%減少した上、コモディティ事業も不振だった。

医薬品・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソンは1.7%高。今年後半に売上高の伸びが高まるとの見通しを示したことが好感された。

オートバイメーカーのハーレー・ダビッドソンは5.9%安。2017年通期の出荷台数見通しを引き下げたことが嫌気された。

メキシコ料理チェーンを展開するチポトレ・メキシカン・グリルは4.3%安。バージニア州にある同社のレストランで食事をした何人かにノロウイルスによる食中毒とみられる症状が出たため、同社はこの店舗を一時閉鎖した。

ヴンダーリッヒ・セキュリティーズのチーフ・マーケット・ストラテジスト、アート・ホーガン氏は「ワシントンの政界に関するニュースよりも企業の決算と業績見通しが市場を動かすだろう。この日は市場にとってゴールドマンやネットフリックスがより重要な意味合いを持ち、こうした状況が向こう2週間にわたって続くだろう」と述べた。

米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の成立へ向けた上院共和党の取り組みが行き詰まったことに対する市場の反応は限定的にとどまった。アナリストの話では、企業寄りの法案が制定されるとの期待は株式市場から剥落している。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では下げ銘柄が上げ銘柄を上回り、比率は1.10対1だった。ナスダックも1.24対1で下げ銘柄が上げ銘柄を上回った。米取引所の合算出来高は約57億株で、直近20営業日の平均である64億8000万株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 21574.73 -54.99 -0.25 21589.94 21589.94 21471.14 <.DJI>

前営業日終値 21629.72

ナスダック総合 6344.31 +29.87 +0.47 6304.82 6344.55 6291.07 <.IXIC>

前営業日終値 6314.43

S&P総合500種 2460.61 +1.47 +0.06 2455.88 2460.92 2450.34 <.SPX>

前営業日終値 2459.14

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ