会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

  • ・【最新号】四季報秋号のデータに更新しました。

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

米国株式市場はナスダックが最高値更新、ダウとS&Pは下落

ダウは66ドル安の2万1513ドル

ロイター
 7月24日、米国株式市場は、週内に決算発表が集中するハイテク株が買われ、ナスダック総合指数が過去最高値を更新した。半面、医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の下げが重しとなり、ダウ工業株30種平均とS&P総合500種は下落した。ニューヨーク証券取引所で20日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米国株式市場は、週内に決算発表が集中するハイテク株が買われ、ナスダック総合指数が過去最高値を更新した。半面、医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の下げが重しとなり、ダウ工業株30種平均とS&P総合500種は下落した。

ハイテク株は、動画配信サービスのネットフリックスが前週発表した四半期決算が好調で、今週はアマゾン・ドット・コム、フェイスブックの決算発表を控えている。

ハンチントン・バンクの最高投資責任者のジョン・オーガスティン氏は「今年に入ってからハイテクセクターが相場の上昇を主導している。(フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、アルファベットを合わせた)FANG銘柄が上向きの基調を定め、明るい見通しを作ることが重要になる」と述べた。

ただ、この日の取引終了後に発表されたアルファベットの第2・四半期決算は27.7%の減益で、株価は時間外取引で2.2%下げた。

J&Jは1.7%安で取引を終了。主力商品の関節リウマチ薬での値下げ競争激化が売り材料となった。

S&Pのセクター別主要11指数のうちプラス圏で終わったのはハイテク<.SPLRCT>と金融<.SPSY>の2指数だけだった。

油田サービスのハリバートンは4.2%安。四半期決算は黒字転換したが、北米の石油掘削リグ稼働数の伸びは鈍いとの見通しを示したことで売りが優勢となった。

玩具のハスブロは、四半期決算の売上高が市場予想を辛うじて上回る伸びにとどまり、9.4%下げた。

スポーツ用品小売りのヒベット・スポーツは第2・四半期の既存店売上高の大幅な落ち込みを予想し、株価が33.5%急落した。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では下げ銘柄が上げ銘柄を上回り、比率は1.27対1だった。ナスダックは1.17対1で上げが下げを上回った。

米取引所の合算出来高は約55億株で、直近20営業日の平均である61億株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 21513.17 -66.90 -0.31 21577.78 21577.78 21496.13 <.DJI>

前営業日終値 21580.07

ナスダック総合 6410.81 +23.05 +0.36 6387.82 6417.70 6380.61 <.IXIC>

前営業日終値 6387.75

S&P総合500種 2469.91 -2.63 -0.11 2472.04 2473.10 2466.32 <.SPX>

前営業日終値 2472.54

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ