会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

前場の日経平均は反発、自動車株が上げ主導 2万円回復

前場終値は125円高の2万0078円

ロイター
8月7日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比125円79銭高の2万0078円12銭となり、反発した。写真は東京証券取引所で2014年12月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 7日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比125円79銭高の2万0078円12銭となり、反発した。取引時間中の2万円回復は2営業日ぶり。前週末発表の7月米雇用統計が予想以上に良好な内容となり、米国株が上昇。為替が円安に振れたことも好感した。4日引け後に通期業績予想の上方修正を発表したトヨタ<7203.T>が高く、自動車株全体に買いが広がり相場を主導した。米金利上昇に伴う金融株買いも支えになった。

TOPIXも反発し、取引時間中の年初来高値を更新した。前場終値は前日比0.60%高だった。市場では「良好な企業業績に加え、鉱工業生産などの経済指標も底堅い。上値追いのTOPIXやJPX400の方が相場実態を表していると言えそうだ。だが、米国株には高値警戒感が強い。きっかけ次第で相場が大きく変動する可能性もある」(岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1441銘柄に対し、値下がりが455銘柄、変わらずが123銘柄だった。

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ