会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

米国株式市場は反落、トランプ大統領の北朝鮮けん制発言が圧迫

ダウは33ドル安の2万2085ドル

ロイター
8月9日、米国株式市場は、主要指数がそろって反落して引けた。午後の早い時間までは相場が堅調に推移していたが、トランプ米大統領が北朝鮮に対して強硬的な発言をした影響で、取引終盤にリスク回避姿勢からの売りが広がった。NYSEで2日撮影(2017年 ロイター/Carlo Allegri)

[8日 ロイター] - 米国株式市場は、主要指数がそろって反落して引けた。午後の早い時間までは相場が堅調に推移していたが、トランプ米大統領が北朝鮮に対して強硬的な発言をした影響で、取引終盤にリスク回避姿勢からの売りが広がった。

トランプ氏は、北朝鮮が米国を脅かすなら「炎と怒りに見舞われる」と記者団に語った。オニール・セキュリティーズのNYSEフロア部門ディレクター、ケン・ポルカリ氏は「トランプ氏の反応は攻撃的だった。それが株式市場の地合いが悪化した理由だ」と話した。この発言をきっかけに、それまで夏枯れムードで低調だった出来高は増加した。

投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所のボラティリティ・インデックス(VIX)<.VIX>は約1カ月ぶりの高水準となる10.96で取引を終えた。

S&Pの11セクターは、公益<.SPLRCU>を除く10セクターが下落。特に素材<.SPLRCM>が0.9%安と下げがきつかった。公益は0.3%高。

金融<.SPSY>はいったん上昇した後で値を消す展開。カリフォルニア州当局が、ウェルズ・ファーゴと保険会社が不要な保険を売りつけて住民に不利益をもたらしたかどうか調査するとの報道が材料になった。ただウェルズ・ファーゴの終値は0.3%高とプラスを維持した。

ファッション・ブランドのマイケル・コースは通期売上高見通しを引き上げたため、21.5%上がった。

騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所が1.73対、ナスダックが1.47対1でいずれも下げが優勢。米取引所の合計出来高は約62億2000万株と直近20営業日平均の61億5000万株をやや上回った。

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ