会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

前場の日経平均は大幅続落、北朝鮮リスクで約2カ月ぶり安値

前場終値は256円安の1万9739円

ロイター
8月9日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比256円13銭安の1万9739円88銭となり大幅続落した。写真は都内にある証券会社の株価ボード前で2015年8月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比256円13銭安の1万9739円88銭となり大幅続落した。取引時間中としては、6月1日以来約2カ月ぶりの安値水準となった。北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は9日、同国がグアム周辺に向けてミサイルを発射する作戦を「慎重に検討」している伝えた。地政学リスクの高まりを背景に、為替が円高に振れ、先物主導の売りで一時280円超安となった。

東証33業種中、非鉄金属を除く32業種が下落した。倉庫・運輸、金属製品、化学工業の下落率が大きかった。

北朝鮮リスクの台頭で石川製作所<6208.T>、豊和工業<6203.T>など中小型防衛関連株が値上がりした。

水戸証券ストラテジスト糸賀雅史氏は「(北朝鮮の)ミサイル発射であれば最近の相場はすぐに戻っていたが、今回は今のところ戻ってない。トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長のやり取りを見ていると、(米朝関係悪化の)ステージが進んだ感じがする」と話している。

東証1部の騰落数は、値上がり203銘柄に対し、値下がりが1783銘柄、変わらずが36銘柄だった。

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ