会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

日経平均が踏ん張っても個別では厳しい下げも

底打ちか小反発か見極める必要

横山 利香

 日経平均株価は短期的に下落トレンドに転換し、8月14日には1万9486円までマドを空けて下落しました。下落トレンドが始まったばかりですから、本来であれば前日比で200円以上も下落した翌日にはさらなる下落につながる可能性が高かったわけですが、日本は三連休に突入して株式市場は落ち着きを取り戻しました。下値で待ち構えていたのである意味残念ですが、第一の下値メドと見ていた1万9500円以下の水準に達しました。

 米国のニューヨークダウは8月10日に大きく下落しましたが、11日にはいったん下げ止まり、週が明けてからはリバウンドに転じています。株価が下落した要因の一つだった北朝鮮リスクが若干後退したことが挙げられるのでしょうが、予断を許さない状況が続いています。

 ドル/円相場でも、一時は1ドル108円台まで円買いドル売りが進行しました。現在はドル高に転じていて、110円台まで買い戻されています。このまま底打ちするのか、あくまでリバウンドの範囲にとどまった動きになるのか注目です。個人的には、チャートの形状が崩れており、ドルに先安感が出ているようにも思えます。

東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ