会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

  • ・【最新号】四季報秋号のデータに更新しました。

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

米国株は小幅高、大統領助言組織解散は懸念材料

ダウは25ドル高の2万2024ドル

ロイター
8月16日、米国株式市場は、主要株価指数が小幅高で取引を終えた。3月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 16日の米国株式市場は、主要株価指数が小幅高で取引を終えた。トランプ米大統領の政策を巡る懸念が強まる中、米連邦準備理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、当局者が低調なインフレを憂慮している状況が示された。

トランプ大統領は米経済界の首脳らで構成する大統領助言組織の「製造業評議会」と「戦略・政策フォーラム」を解散した。これを受けて主要株価指数は上げ幅を縮小。USバンク・プライベート・ウェルス・マネジメントの投資担当マネジングディレクター、デービッド・シーゴレイト氏は助言組織解散について「大統領の政策遂行能力に対する疑念を少し強めるものだ」と述べた。

FOMC議事要旨公表後は、相場は方向感を欠く展開となった。議事要旨によると、一部のメンバーは低インフレの傾向が一時的であることが明確になるまで追加利上げを見送るべきだと主張した。

BB&Tウェルス・マネジメントのシニア・バイス・プレジデント、バッキー・ヘルウィグ氏は「議事要旨への反応はまちまちだった。投資家は、インフレがFRBの目標に到達せず、FRBが引き締めを急ぎすぎているのではと心配している」と指摘。同時に、次の利上げが先送りされる可能性もあり、これは株価の支援材料になり得ると付け加えた。

セクター別では、S&P素材株指数<.SPLRCM>が0.9%上昇。銅など金属価格の上昇が追い風となった。

通常取引終了後の時間外取引では、ネットワーク機器のシスコシステムズが決算発表を受けて2.3%下落した。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.52対1だった。ナスダックも1.23対1で上げ銘柄が下げ銘柄を上回った。米取引所の合算出来高は約58億株で、直近20営業日の平均である63億株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 22024.87 +25.88 +0.12 22031.93 22085.71 22002.47 <.DJI>

前営業日終値 21998.99

ナスダック総合 6345.11 +12.10 +0.19 6348.11 6374.56 6330.27 <.IXIC>

前営業日終値 6333.01

S&P総合500種 2468.11 +3.50 +0.14 2468.63 2474.93 2463.86 <.SPX>

前営業日終値 2464.61

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ