会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

  • ・【最新号】四季報秋号のデータに更新しました。

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

きょうの動意株

郵船など海運株が堅調、運賃上昇で郵船は復配検討の観測

9101 日本郵船 株価チャート
09/20
15:00
時点

234

前日比
+2(+0.86%)

年初来高値 264.0(17/03/07)
年初来安値 199.0(17/05/18)

 日本郵船(9101)や商船三井(9104)、川崎汽船(9107)など大手3社を中心に海運株が堅調。郵船は午前10時10分時点で前週末比6円(2.7%)高の221円で、TOPIX業種別指数において「海運業」は全33業種中の値上がり率ランキングトップとなっている。

 バラ積み船の国際運賃指標であるバルチック海運指数(BDI)が18日のロンドン海運取引所で15日続伸。前の日から13ポイント上昇の1260と4月19日以来、ほぼ4カ月ぶりの高水準を付けたことが手掛かり。

 特に現在の市況上昇は主に鉄鋼原料を運ぶ大型のケープサイズ(積載重量約17万トン超)が牽引しており、その1日当たり用船料(チャーター料)は1万9500ドル近辺と、採算ラインといわれる2万ドルに迫る動きとなっており、海運各社の収益改善への期待感が強まっている。

 また、郵船に関しては2018年3月期末の復配に向けた検討を始めたと19日の日本経済新聞朝刊が報じたことも前向きに評価されている。川崎汽は財務再建を優先するとして配当を見送るとも伝えられているが、足元の運賃市況の上昇を追い風に株価は堅調な値動きとなっている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 79.59倍 PBR 0.76倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証一部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

郵船 (9101)
東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ