会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

前場の日経平均は反発、円安支援 イベント前で売買代金は低水準

前場終値は86円高の1万9440円

ロイター
8月25日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比86円59銭高の1万9440円36銭となり、反発した。写真は東京証券取引所で2015年7月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比86円59銭高の1万9440円36銭となり、反発した。前日の米国株は小幅に続落した半面、外為市場でドル/円が109円台後半まで円安に振れたことが支えとなった。ただ、午前中の東証1部の売買代金は8000億円未満と、商いは低調。ジャクソンホール会議における欧米中銀トップの講演を見極めたいとする姿勢が広がった。

TOPIXも反発。セクター別では鉄鋼、輸送用機器が上昇率上位に入った。一方、下落率トップは食品。東証33業種中28業種が値上がりしたが、「ポジションのアンワインドで上下している銘柄も多く、方向感は乏しい」(外資系証券)との声が出ている。

25日は北朝鮮の記念日「先軍節」に当たるため、ミサイル発射など地政学リスクの高まりに対する警戒感も意識され、日本株の上値を圧迫した。

市場では「ジャクソンホール会議に関心が向かっているが、市場に悪影響を与える話は出ないだろう。閑散相場ながら日経平均は200日移動平均線(1万9297円38銭=25日前場)の手前で下げ渋っている。戻り相場のタイミングも近づきつつある印象」(光世証券エグゼクティブ・マネージャーの西川雅博氏)との声も聞かれた。

東証1部騰落数は、値上がり1167銘柄に対し、値下がりが691銘柄、変わらずが161銘柄だった。

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ