会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

マザーズ指数が底打ち、リバウンド期待の3銘柄

8月24日が転換点だった

藤本 誠之
(撮影:尾形文繁)

 まいど、相場の福の神こと藤本です。8月上旬から中旬にかけて値を崩していた東証マザーズ指数が、リバウンド相場に入ったようです。大きな理由は、東証マザーズ指数への寄与度が大きい3銘柄、そーせいグループ(4565)、ミクシィ(2121)、CYBERDYNE(7779)の3社が揃って、8月24日に直近の安値を付けてリバウンド相場に入ったとみられるからです。

 日経平均株価と東証マザーズ指数で8月の高値と安値の差を比較すると、日経平均の4.2%に対してマザーズは8.8%と、マザーズの方が値動きが激しかったようです。例年9月は、中間期末を控えて大型株の株価パフォーマンスが悪いことがあるので、マザーズ銘柄のリバウンド継続に期待したいところです。

 そこで今回はマザーズ銘柄の中から、中長期的に下落していて直近リバウンドしてきた銘柄をテクニカル分析で抽出してみました。その条件は①75日移動平均線との乖離率がマイナス5%より悪化していること、②25日移動平均線との乖離率が0~5%であることです。そうして絞り込んだ銘柄の中から「福の神特選の3銘柄」をご紹介いたしましょう。

ユナイテッド&コレクティブ(3557)

 今年2月に上場した外食企業で、鶏料理居酒屋「てけてけ」、ハンバーガーカフェ「the 3rd Burger」、海鮮居酒屋「心」を運営しています。他の外食企業との差別化ポイントは、ISP(In Store Preparation)です。多店舗展開においてセントラルキッチンを利用せずに各店での仕込み調理を行うことです。新鮮な食材を各店舗で仕込み・調理を行うことで無駄な冷解凍を無くし、圧倒的に高い品質の料理を提供することが可能となります。機械化を進めることによってコストの増大を防いでいます。

■福の神ポイント

 新規上場直後に付けた2月28日の上場来高値7200円から、8月15日上場来安値3050円まで半値以下の大幅下落の後リバウンドしています。押し目買いの好機となりそうです。

■株価データ
株価:3530円
単元株数:100株
予想PER:24.0倍 
予想配当利回り:無配
時価総額:50億円

東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ