会社四季報オンライン

Top

日経平均大暴落!リバウンド候補はこの3銘柄だ

過去パターンで狙う3匹目のドジョウ

2015年08月24日

藤本 誠之

24日の日経平均の下げ幅は一時今年最大となる900円を超え、2013年のバーナンキショックを彷彿とさせた(撮影:尾形文繁)

 まいど、相場の福の神こと藤本です。株式相場で勝つには「半歩先読み」が重要です。

 日経平均が大暴落しています。先週は8月18日からの4連続安で1184円の下落。週末NYダウが530ドル以上暴落したのを受けて、週明け24日の東京市場も大幅安で始まり、日経平均株価は一時1万8500円を割り込んでしまいました。

 今後の相場展開がどうなるかは、想定するのが難しい状況ですが、リバウンド相場入りとなった場合に注目しておくと面白そうなリバウンド候補を3銘柄ご紹介いたしましょう。

 今年の相場を振り替えると「ほぼ1000円幅以上」の暴落が2回あります。「ほぼ」とすっきりしない表現をしたのは、①1回目の下落が4月23日~5月7日までの994円(4.9%)、②2回目が6月24日~7月9日までの1873円(8.8%)だったからです。同様に今回は終値ベースで8月17日2万0620円から8月24日1万8540円まで実に2080円(10.1%)暴落しています。

 では、前2回同様にリバウンド相場入りとなった場合、どんな銘柄に注目しておくとよいのでしょうか。リバウンド候補銘柄として、日経平均採用の225銘柄の中から、前2回の下落局面において日経平均株価より大きく下落し、かつ反発局面において日経平均株価より大きく反発した銘柄を選定したところ、20銘柄ありました。

 この20銘柄を、①、②の2回の反発局面の上昇率の合計順(降順)に並び変えたものが下の表です。

 今回は、この20銘柄から、2回のリバウンド局面で大きく反発した上位3銘柄をリバウンド候補銘柄としてご紹介いたしましょう。

コラムを順に読む

東洋経済から絶好調企業を先取り

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 実感と実態に大きなギャップ

実は景気は「バブル期並み」に好調だ

2 古い話と思っていたら大間違い

あのビットコインがこの1年で3倍に膨張していた!

3 “空騒ぎ"か、"流れが変わる"か

「本当のリスク」を見極めるものが、不安定相場を制する!

4 上方修正なるか

来週に決算発表!四季報予想が強気の注目29銘柄

5 外需主力株は下値拾い徹底

高値更新の中小型株に刮目(かつもく)せよ

6 投資家はカモにされている?

善か悪か、「超高速取引」のおそろしい実態

7 兜町怪情報、今回は6銘柄

航空機向け新素材が自動車にも採用か?

8 子どもの「投資教育」にぴったり!?

配当・優待期待も! ジュニアNISAに最適な"外食の王者"

9

NECが買われる、前3月期の利益上振れを受け見直し買い

10 まだ日本株は底打ちしていない!?

過去データで分析! 「暴落相場の底」を見極める方法

ゲスト
お申し込み