会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

きょうの動意株

日本駐車場開発は業績物足りなさで急落

2353 日本駐車場開発 株価チャート
08/30
15:00
時点

127

前日比
0(0.00%)

年初来高値 141.0(16/07/20)
年初来安値 95.0(16/02/12)

 日本駐車場開発(2353)が急落。9時20分時点で前日比12円(7.3%)安の151円付近での動き。チャート上はこのところ5日移動平均線に絡む動きを続けてきたが、現在は同線から下放れる水準での足踏み。16年7月期業績予想が市場予想の中心値に届いておらず、物足りなさから売られているようだ。 

 前日に15年7月期決算を発表。売上高は前期比12.5%増の170億円、純利益は同2.2倍の35億円だった。中国、韓国、タイなどで駐車場事業の収益性が改善した。さらに子会社である日本スキー場開発のマザーズ上場に伴い、株式売却益で純利益が大幅増となった。 

 16年7月期予想は売上高が前期比10.0%増の187億円、純利益は同47.6%減の18億円。市場コンセンサスの中心値は売上高が188億円、純利益は22億円。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 35.28倍 PBR 6.32倍 予想配当利回り 2.76%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※08/30 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

日駐車場開 (2353)

ページトップ