会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

  • ・【最新号】四季報夏号データに更新しました

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

2019ラグビーW杯日本開催でブレイクしそうな銘柄は?

あのサニックスが本命だって!?

櫻木 瑶子
「ブレイブ・ブロッサムズ」の大活躍でラグビーW杯の2019年日本開催を初めて知った人も

 ラグビーのW杯で世界ランク13位の日本代表が、3位の南アフリカに見事な逆転勝利! 選手たちの攻めの姿勢、強い気持ちを貫いて決めた最後のトライ、そして、男泣き……。ジーンときた人も多かったことでしょう。

 日本代表の快挙をきっかけにラグビーファンが急増。SNSや新聞には“ラグビー”の文字が躍っています。

 初めてラグビーを観戦したのは、学生時代に留学していた本場のニュージーランド。その迫力に圧倒されました。実際にラグビーボールを見たのもそのときが初めてでした。

 通学していた中学と高校にもラグビー部がなく、大学でもラガーマンの知人はいませんでした。社会に出てみて、元ラガーマンの多さに驚きました。

 今では、社会人チームの試合を観戦したり、ラグビー教室へ足を運んで体験リポートしたりするなど、プライベート、仕事の両面でラグビーに触れる機会が増えました。2019年の次回W杯の日本開催も楽しみにしている一人です。

 日本でのW杯が盛り上がるためにはやはり、代表チームの強さが不可欠でしょう。南ア戦勝利はまさにそれを実証しました。日本代表が強くなれば、メディアなどを通じた露出の頻度が高まる。それによって、「見るスポーツ」としてのコンテンツ力も向上するはずです。そうなると、多くの企業がスポンサーとなるため強化費が増加。その結果、代表がさらに強くなる、といった好循環が期待できます。

 ラグビーブームが定着すれば、株式市場でも関連銘柄に目が向くはず。「厳選注目株」でおなじみ、ストックボイスの岩本秀雄さんは「19年まで折に触れてラグビーは話題になるだろう。時期としてはまだ早いかなというタイミングからチェックしておくといいのではないか」と話しています。そこで、3日の対サモア戦の応援前に、マーケットで注目されそうな株を考えてみました。

ページトップ