会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

きょうの動意株

カルナバイオSがプラス転換、新興のバイオ株に短期資金集まる

4572 カルナバイオサイエンス 株価チャート
12/07
15:00
時点

1,871

前日比
-8(-0.43%)

年初来高値 4,180.0(16/04/20)
年初来安値 1,313.0(16/08/12)

 ジャスダックのカルナバイオサイエンス(4572)が上昇。今週の新興株市場では株価が調整含みで推移していたバイオ関連株を物色する動きが目立ち、この流れに乗って19日はストップ高。20日は売りが先行し、一時は前日比6.4%安となったが、その後はプラスに切り返した。地政学的リスクが高まる中、東京市場は明日から3連休。東証1部の主力大型株などを積極的に手掛けづらい地合いとなり、値動きの軽さに着目した短期資金が向かったもようだ。

 同じ新興株市場のバイオ関連株ではオンコセラピー・サイエンス(4564)が商いを集めて続伸。10時58分現在、前日比3.3%高で推移している。売買代金は215億円と新興株市場で断トツ1位、全市場でも日経レバレッジETF(1570)、トヨタ(7203)に次ぐ3位となっている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 8.96倍 予想配当利回り 0.00%
市場 JQグロース 売買単位 100 株 ※12/07 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

カルナBS (4572)

ページトップ