会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

【300名様にギフト券進呈】改善アンケートご協力のお願い

中小型の高値更新銘柄に「青天井」期待

主力株は「買いたい弱気」で軟調

古庄 英一
米アップルは2018年発売の「iPhone」から有機ELパネルを採用すると日経新聞が伝え、マーケットでは“有機EL祭”がスタート(写真はiPhone6s、大澤誠撮影)

 米国利上げという年内最大のイベントを見極めようと、神経質な展開が続く年の瀬。主力株の値動きは、中長期が強気であっても短期は「買いたい弱気」が顔をのぞかせるので軟調だ。欧州中央銀行の追加緩和策をもの足りないと嫌気視した3日の欧米市場は大幅安となった。この流れで4日の東京市場もほぼ全面安の展開。後場は「押せば買い」の投資家心理に火がつくかと期待したが、海外市場の先行きが見極められず様子見となった。

 こうした地合いだと突発的な材料で買われる銘柄と売られる銘柄が浮上しやすい。たとえば11月11日は、三菱重工の新型旅客機「MRJ」が初飛行に成功。ジャムコ(7408)住友精密工業(6355)などが蒸し返された。「アイフォーンに有機EL採用を検討」の憶測がネット上を駆け巡ると、保土谷化学工業(4112)ブイ・テクノロジー(7717)が急騰。一方で液晶パネル関連のミネベア(6479)が大きく売られた。

 来週の物色動向だが、カギを握るのが、減産合意の可能性が注目されたOPEC総会の中身だ。原油市況回復の契機となって、資源関連銘柄に投資資金が向かうのか。国際石油開発帝石(1605)石油資源開発(1662)など下値で三角保ち合い形成中の銘柄は、ここぞとばかり上放れのタイミングを待っている。

 一方で「新三本の矢」など国策関連で買い進まれた中小型の材料株は、今週中に年初来高値を更新した場合、「青天井」を期待する向きが多い。が、逆にサカイオーベックス(3408)システムインテグレータ(3826)など「二番天井」をつけた可能性がある銘柄も含まれる。低位株の場合は一喜一憂しないことが肝心だが、戻り高値圏にある銘柄であれば調整一巡を待つ慎重さが求められるだろう。

(『株式ウイークリー』編集長 古庄英一)

料金:月額1万円から
 ■株式ウイークリー■

- ≫≫≫【業績・テーマ性で厳選した6銘柄で上昇狙う】 

毎週土曜日に速達でお届け!ネット(PDF版)なら前日金曜に配信!! 全体相場の旬の人気株を毎週スクリーニングし、チャートや需給の分析でタイミングよく推奨! 6銘柄以外にもベテランの外部執筆陣らが潤沢に個別株を道先案内する固定欄も充実。「相場達人の卓見」(杉村富生氏)、新興IPO相場を占う(藤本誠之氏)、テクニカル分析(鈴木誠一氏)、真相を探るテーマ編(中西文行氏)らが担当しています。また大和証券クオンツアナリストの分析や四季報最新予想ランキング、決算発表注目銘柄一覧などデータ解説は見開き2ページで 年間通じて提供しております。
ネット(PDF版)は1カ月から購読可能です。まずはお試しに見本誌をご覧ください。

■見本誌はこちら

※「株式ウイークリー」は、現時点および将来において高い株価パフォーマンスを約束するものではありません。また、株式投資の際には株価の変動により損失が生じる場合があります。投資判断の最終決定は、ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

ページトップ