会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

  • ・【最新号】四季報夏号データに更新しました

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

厳選!10万円で買える編集部おススメ株主優待

ディズニーリゾートに行きたいけれど…

会社四季報オンライン編集部
ディズニーリゾートのワンデーパスポートがもらえるOLCの株主優待は人気が高い。同社は15年3月に株式分割を行い株主が急増したが、それでも必要資金は72万円と高額だ(撮影:大澤 誠)

 株主優待はやっぱりうれしい。その優待がおトクならさらにうれしい。これは個人投資家に共通するひそかな喜びだ。

 株主になると保有株数に応じて付いてくる特典が株主優待だ。ディズニーリゾートのワンデーパスポートや食料品の詰め合わせ、株主限定グッズや電車乗車券など、その種類は多岐にわたり、株主優待を目当てに株を買う投資家も少なくない。

 ただ、人気の高い株主優待は、1単位買うだけでもまとまった資金が必要となる場合が少なくない。たとえばディズニーリゾートのワンデーパスポートがもらえるオリエンタルランド(4661)の必要資金は72万円、航空券を安く買えるANAホールディングス(9202)は同35万円、牛丼などの食事券がもらえる吉野家ホールディングス(9861)は同15万円といった具合だ。

 また、株主優待は、会社の業績が悪化すると内容を縮小したり、制度自体を中止する場合もあるので要注意だ。居酒屋「和民」などを展開するワタミ(7522)は、前期までは100株の株主になると6000円分の食事券を年に2回、計1万2000円分の食事券をゲットできた。足元の株価で計算すると必要資金は8万3000円程度、実質的な利回りは14%と高いはずだったが、財務の急激な悪化に伴い、11月24日に優待の見直しを発表。2016年3月末の株主からは1回の優待を3000円分に減らすとした。ワタミに限らず業績低迷が続く企業の場合、優待だけを目当てに株を買うのは避けたほうが賢明だろう。

 そこで、今回は10万円以下で買える銘柄に限定し、おススメの株主優待を編集部が独断と偏見で選んでみた。優待制度が縮小・廃止されるリスクを除くために、今期・来期が増益予想に会社のみをピックアップしている。

 それでは、優待の内容別におススメ株主優待を紹介しよう。

ページトップ