会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

一筋縄ではいかない地合い、「新生活支援」関連に的絞る

東芝は底割れ懸念も

古庄 英一
2017年03月18日
リクナビ2018合同企業説明会(幕張メッセ)に集まった学生たち(3月1日撮影:尾形文繁)

 日米金利差の拡大で為替が1ドル=115円台を試すと思いきや、そうは問屋が卸さない。逆に先週末比で1円以上円高へと巻き戻され、トヨタ自動車(7203)をはじめ主力輸出関連株はジリ安基調となってしまった。この流れが3連休明けに持ち越すようだと、日経平均株価は、2万円の大台乗せどころか、2月9日以来となる1万9000円割れもありうる状況と化した。

 米連邦準備理事会(FRB)は15日までの連邦公開市場委員会(FOMC)で事前予想どおり利上げを決定。一方、日銀はその翌日に金融政策の現状維持を発表した。にもかかわらず、円安基調に振れないのには理由がある。

 17、18日にドイツで開かれるG20財務相・中央銀行総裁会議は米トランプ政権発足後、初となる国際会議であり、自由貿易体制の行方を占う重要な会合と位置づけられて、為替や商品市況の動向に影響を及ぼす可能性があること。もう一つは、「森友問題」が安倍政権の根幹を揺るがすスキャンダルへと発展する可能性をマーケットが注視し始めたからだ。

 東京株式市場では、ソフトバンクグループ(9984)と親密な鴻海精密工業傘下のシャープ(6753)が東証2部市場を牽引した。鴻海は東芝(6502)が半導体事業を分社化すれば、出資をしたいと熱望。技術流出を恐れる経産省は東芝支援のスキーム作りに躍起の様子だ。スキーム作りでは、米国ウェスティングハウス・エレクトリックとの関係見直しもカギとなるので、米国政府との交渉が必要な案件でもある。

 そもそも東芝は決算発表を再延期したように、社内の会計監査が整わない異常事態の渦中にある。金融庁に対して4月11日までに2016年4~12月期(9カ月間)の四半期報告書を提出できないようだと「上場廃止」という最悪のシナリオが現実味を帯びる。まだまだ紆余曲折が予想されるので、株価が持ち直しに向かうと見るのは早計。むしろ底割れの懸念があることを肝に銘じたい。

本命はニトリ?リクルート?

 このように一筋縄ではいかないのが相場。リスク要因を極力排除した中で、物色の矛先を向けるとすると、筆者であれば、今年に入って着実に上値を追ってきたテーマに的を絞りたくなる。就職や進学、転居といった新生活の支援サービス関連だ。

 東京都心では、就職活動中の大学生の姿をよく見かける。3月から企業説明会が本格化しているからだ。リクルートホールディングス(6098)は「リクナビ」という専門サイトで、個別企業の先行申し込みのエントリー窓口を幅広く代行している。また受験勉強ではオンライン学習サービスサイト「スタディサプリ」を大々的に宣伝広告しているので、この伸びも期待される。

 学習支援であれば、対抗馬はベネッセホールディングス(9783)だ。傘下の東京個別指導学院(4745)に代表される受験指導と、有料老人ホームなど介護サービスの合わせ技で、従来型の通信添削ビジネスの会員減少を補っており、業績復調の兆しをつかみかけた。両銘柄ともにこの半年間で株価が約50%上昇し、高値圏で一服した感があるので押し目狙いの好機到来となるかもしれない。

 新生活の支援サービスと言うと、この時期は一人暮らしを始める人や、転居した人が調度品をそろえる。そうなるとニトリホールディングス(9843)の店頭に足を運ぶことが多くなるだろう。ニトリは15日に東京都心に3店舗をオープン。東武百貨店「池袋店」6階とJR目黒駅ビル「アトレ目黒1」B館は新規出店で、元プランタン銀座の商業ビル「マロニエゲート銀座」5階と6階は改装してスペースを拡大した。

 今月28日には本決算の発表を控えており、値ガサ株ではあるが、昨年7月4日につけた1万3630円の高値を更新する場面が十分にありうる。対抗馬は良品計画(7453)だろう。同社の本決算は4月12日に予定されている。

 なお24日は、2度目となる「プレミアムフライデー」。先月は初回ということで、その様子がテレビのワイドショーで大きく取り上げられた。ニトリや良品計画のような2月期決算企業の場合は、3月期決算企業と違って月末の配当および優待の最終権利日を意識せずに売買ができる。

 「プレミアムフライデー」で話題を集めそうな2月期企業は少なくない。本決算の予定日は東証HP上で確認できる。業績や個別材料は、『会社四季報オンライン』上あるいは17日発売の『会社四季報』春号でチェックできる。土地勘のある個別銘柄を最新の月次売上高リリースなども参考に探してみてはいかがだろうか。

 あるいは決算期にこだわらないのであれば、“爆買い”を除いたインバウンド関連を打診買いしてみるのも手だろう。桜の見頃に合せてアジアからの富裕層がリピーターを含めて大挙来日し、名所を訪れると見込まれるからだ。オリエンタルランド(4661)、藤田観光(9722)、京阪ホールディングス(9045)、西日本鉄道(9031)などだ。

(『株式ウイークリー』編集長)

料金:月額1万円から
 ■株式ウイークリー■

- ≫≫≫【業績・テーマ性で厳選した6銘柄で上昇狙う】 

毎週土曜日に速達でお届け!ネット(PDF版)なら前日金曜に配信!! 全体相場の旬の人気株を毎週スクリーニングし、チャートや需給の分析でタイミングよく推奨! 6銘柄以外にもベテランの外部執筆陣ら物色動向を道先案内する固定欄も充実。新興IPO相場を占う(藤本誠之氏)、テクニカル分析(鈴木誠一氏)、真相を探るテーマ編(編集部)などを連載しています。また大和証券クオンツ分析やみずほ証券産業動向分析、四季報最新予想ランキング、決算発表注目銘柄一覧など見開き2ページで年間通じて最新情報を提供しております。
ネット(PDF版)は1カ月から購読可能です。まずはお試しに見本誌をご覧ください。


■見本誌はこちら

※『株式ウイークリー』は、現時点および将来において高い株価パフォーマンスを約束するものではありません。また、株式投資の際には株価の変動により損失が生じる場合があります。投資判断の最終決定は、ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
Copyright Toyo Keizai, Inc., all rights reserved.
Copyright Quants Research, Inc., all rights reserved.
東洋経済新報社 クォンツ・リサーチ