会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

 1694
  • 四季報ページ
  • 株主優待制度なし
1696 
みんなの株式
Kabutan
東他   貸借 株価予想(みんかぶ) 決算速報(株探) 外国籍
・外国籍のETFは、取引にあたり外国証券取引口座の開設が必要になります。これらの課税上の取扱いについては、管理会社および税務署・税理士等の専門家までお問い合わせください。
閉じる×
OTCスワップ型
・OTCスワップ型ETFは、ETF発行者と主に金融機関との間で、連動対象の指標のリターンを交換するトータルリターンスワップ契約を結ぶことで、ETFの一口あたり純資産額の変動率と対象指標の変動率を一致させる運用手法を採ります。
・OTCスワップ型ETFでは、スワップ契約締結にあたり契約担保を双方が出し合う内容となっており、万が一スワップ契約の相手方が破綻しても担保を換金することで損失が生じない仕組みとなっています。
・ただし、スワップ契約の相手方の破綻により連動対象指標のリターンの交換が停止されることから、ETFの基準価額が下落することもありえます。
・スワップ契約の相手方が提供する担保の種類によっては、担保と同額の換価を得られない場合もあり、結果としてETFの価値が下落または無価値となる可能性があります。

OTCスワップ型ETFのリスク情報はこちら

閉じる×
1695 ETFS 小麦上場投資信託

【特色】コモディティ投資の際のベンチマークとして広く利用されている「Bloomberg Wheat Subindex」の総合商品指数 に連動する投資成果を目指すETFです。

四季報バックナンバーPDFを見る 

四季報PDFはありません

【カテゴリー】商品(外国投資法人債)ETF

【対象指標】Bloomberg Wheat Subindex

【対象指標の概要】Bloomberg Wheat Subindexは、Bloomberg Commodity Indexのうちの小麦により構成されている部分をベースとするものです。同指数は、シカゴ商品取引所(CBOT)で取引されている小麦先物契約を基準に設定されており、対象商品の先物契約の価格の動向から発生するリターンのみを反映します。指数は米ドル建てです。

→さらに詳しく(東証マネ部!)

【上場年月】2010/3/19

【分配金支払基準日】-

【1口分配金】-

【管理会社】 ETFセキュリティーズ・マネジメント・カンパニー・リミテッド

【売買時手数料】証券会社により異なります

【信託報酬(税抜)】 0.49%

【純資産総額】 -

【受益権口数】-

20分遅れ

85


前日比

0 ( 0.00% )

( 2017/07/25 14:58 )

始値 86 (09:00)
高値 86 (09:00)
安値 84 (11:23)
年高 98.0 (17/07/11)
年安 74.0 (17/04/25)
出来高 11,600
売買代金 986千円
22日平均 9百万円
基準価額 ---
乖離率 ---
分配金利回り ---
売買単位 100
※前日市場価格÷前日基準価額を1口あたりに換算した値の割合を表示
東証マネ部

ライバル比較

  株価 前日比 前日比%

分析対象ではありません

(百万円) 売上高 時価総額

分析対象ではありません

  PER PBR 配当利回

分析対象ではありません

ページトップ